FC2ブログ
menu

時々フォトグラファー

星とか撮るブログ

5月9日遠征記録 OsmoActionでおもしろ構図のタイムラプス

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

5月9日遠征記録 OsmoActionでおもしろ構図のタイムラプス

5月9日、天城高原へ行ってきました。ここのところ天城高原にばかり行っています。現地到着は17時半ごろ。すでに現地には何名か同業の方がいらっしゃいました。その中のお一方から「Aramisさんこんにちわー」と声をかけられます。顔を見ても誰だか認識できないのは天体写真家あるあるですが、車と機材を見て思い出します。実はブログにも何度か出てきている方。初出はこちらの記事。2019年3月なので最初にお会いしてから2年以上にな...

12, 2021   0
Category  遠征
天体観測のついでに行きたい温泉 山梨県 鼓川温泉

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

天体観測のついでに行きたい温泉 山梨県 鼓川温泉

忘れたころに更新される温泉シリーズ。今回ご紹介するのは山梨県の鼓川温泉です。 乙女湖での星見のついでに寄りました。私が訪問した時は平日の午前中ということもあり空いていました。3時間以内の滞在であれば山梨市外在住の人でも510円とリーズナブルなお値段で助かります。この日は桜が満開となる時期だったようで、駐車場を見上げるとこんな桜が見られました。玄関から。高台に建っているためいい眺めです。おふろを外から撮...

01, 2021   0
Category  温泉
Sony FE 35mm F1.4 GMとTamron SP35mm F1.4を天体写真で比べる

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

Sony FE 35mm F1.4 GMとTamron SP35mm F1.4を天体写真で比べる

手元に35mmF1.4のレンズがふたつあります。SonyのFE 35mm F1.4 GM (SEL35F14GM)以下「Sony GM」とTamron SP 35mm F1.4 (Model F045)以下「Tamron SP」です。どちらも非常に評価の高いレンズですが、星を撮るならどっちがいいの?という比較をしてみます。外観比較Eマウントで使う前提なのでTamron SPのほうはマウントアダプタMC-11をつけた状態になっています。どちらもフードをつけてありますが、Tamron SPの大きさが目立ち...

30, 2021   0
Category  機材
4月10日遠征記録 乙女湖でセンサーの汚れを見る

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

4月10日遠征記録 乙女湖でセンサーの汚れを見る

4月9日から10日にかけて2泊3日で遠征に行ってきました。が、今回の遠征はほぼ空振りだったので手短に。9日の夜は山梨県の乙女湖へ。いつものように撮影を進めていたところで、おかしなプレビュー画面が表示されていることに気づきました。画面右上のほうにシミのようなものが出ています。実際の画像を確認してもやっぱり出ています。ASI2600MC Proを外してみてみたところ、センサー上(この画像では下)何かが流れているのが確認で...

30, 2021   0
Category  遠征
4月19日遠征記録 平日夜の天城高原

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

4月19日遠征記録 平日夜の天城高原

4月18日は天城高原に行きましたが、4月19日は天城高原に行きました。何を言っているのかわからねーと思うが、おれもわから・・・すみません2泊3日の遠征でした。4月18日遠征記録 撮る人を撮る人を撮る天城高原当初は18日夜だけのつもりだったんですけどね、19日の夜も快晴予報となるとやる気も出てくるじゃないですか。月没から天文薄明まで4時間もない日ではありましたが低空の天体を狙うならこの4時間を活用しないわけにはいきま...

29, 2021   0
Category  遠征
クリアバーティノフマスクの謎に迫れなかった話

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

クリアバーティノフマスクの謎に迫れなかった話

星に正確にフォーカスを合わせる手段のひとつに、バーティノフマスクというものがあります。望遠鏡の対物側にスリットの入った板をかざして、回析光を見ながら合わせるツールですね。ひとくちにバーティノフマスクと言っても素材や形でいろいろと種類がありますが結局どれが正確なの?というところがよくわからなかったので、手元にあったもので比較をしてみることにしました。1.NorthernCross 樹脂製バーティノフマスク厚み2mm程...

26, 2021   0
Category  機材
M8干潟星雲をFRA600+レデューサーで撮る

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

M8干潟星雲をFRA600+レデューサーで撮る

先日の遠征で干潟星雲と三裂星雲を撮ってきました。光学系:FRA600+レデューサー+LPR-Nフィルタカメラ:ASI2600MC ProGain:0  Offset:50   センサー温度:-10度露光時間:5分 x 25枚(125分)赤道儀:RST-135ガイド:SVBONY 30mm F4ガイドスコープ+ASI120MM Mini撮影日:2021年4月19日撮影地:天城高原ダーク:ライトフレームと同設定で60枚フラット:LEDトレース台 0.5秒*60枚ステライメージ7でダーク・フラット...

25, 2021   0
Category  
4月18日遠征記録 撮る人を撮る人を撮る天城高原

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

4月18日遠征記録 撮る人を撮る人を撮る天城高原

Aramisです。3月は仕事が忙しかったうえに天候もよくなかったので星見に出かけられませんでしたが、4月はやる気を出して積極的にお出かけです。この日は天城高原に行ってきました。強力な低気圧が通過した直後ということで空模様の心配はなかったのですが最大風速20m/sという強風の予報。さすがにこれでは天体撮影にはならないとは思いましたが、晴れ予報を逃すわけにもいきません。ダメなら伊豆半島の東側に下りて星景の撮影でも...

22, 2021   0
Category  遠征
SEL70200GMを手放してSEL70350Gを手に入れた話

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

SEL70200GMを手放してSEL70350Gを手に入れた話

SEL70350Gを買いました。APS-C用の望遠レンズなので、α6300につけてみるとこんな感じ。フードをつけるとこのくらい。望遠端まで伸ばすとこのくらい。だいぶ長く見えますが、重量がそれほど重くないので、カメラにつけっぱなしでも問題ないくらいです。さっそく桜の撮影に持ち出してきました。こういう「超望遠で撮りました!」的なの撮ってみたかったんですよね。撮影倍率0.23倍ということで「寄れる!」というほど寄れるレンズで...

17, 2021   2
Category  機材