fc2ブログ
menu

時々フォトグラファー

4月27日遠征記録 雲に流されて小海まで

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

4月27日遠征記録 雲に流されて小海まで

星見に出かけてきました。山梨は晴れそうという天気予報を信じて出発。談合坂まではよく晴れていましたが、笹子トンネルを抜けて甲府盆地に入った途端に曇っています。仕方ないのでそのまま清里まで車を走らせたものの、現地は逆に雲の中。さらに標高を上げれば雲の上に出られるかと思って野辺山まで行ってみたところ、雲からは抜けられたもののまだすっきりしない空模様。さらに標高を上げて小海まで行ってみたところでやっと晴れ...

30, 2023   0
Category  遠征
星沼会チリリモート カメレオン座の分子雲

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

星沼会チリリモート カメレオン座の分子雲

不安定な天気が続いている2023年4月の日本ですが、チリは相変わらずよく晴れています。ということで本日撮影したのはカメレオン座の分子雲です。カメレオン座はカタログナンバーのついためぼしい天体も多くない地味な星座です。Skysafariでなんか撮るものないかなーと調べていたらIC3104という不規則銀河を見つけ、そこからこの分子雲の存在に気付きました。天の南極に近いところにある星座のためチリであれば1年を通して地平線に...

27, 2023   0
Category  
実写比較 Askar FRA600 VS Sharpstar Z4

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

実写比較 Askar FRA600 VS Sharpstar Z4

先日の遠征ではSharpstar Z4 (以下Z4)とAskar FRA600(以下FRA600)のサイドバイサイド撮影を行いました。中心に写っているのがZ4、左奥に写っているのがFRA600です。スペックをおさらいしておくとFRA600は口径108mm 焦点距離600mm F5.6 フルサイズ対応Z4は口径100mm 焦点距離550mm F5.5 APS-Cまで対応という感じでF値と焦点距離はほぼ同じながらイメージサークルの大きさが最も大きな違いでしょう。個人的には軽さ小ささも大き...

22, 2023   10
Category  機材
4月17日遠征記録 曇り空の下で新鏡筒Z4と65PHQを試す

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

4月17日遠征記録 曇り空の下で新鏡筒Z4と65PHQを試す

2023年2月末にSharpstar Z4を手に入れて早く撮影したいなーと思っていたのですが、撮影に出かける前にさらに65PHQが増えまして。鏡筒を増やすばっかりではなく撮影に行かなければということへ天城高原へ。月曜夜なら誰もいないだろうと思いきや同業者がいらっしゃいました。しかも知り合い。さっさと準備を済ませて撮影開始・・・と思ったら曇っています。低層に雲があるのか5分曇っては5分晴れるみたいな空模様。じっくり長時間露...

20, 2023   0
Category  遠征
星沼会チリリモート 自由の女神星雲 NGC3576

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

星沼会チリリモート 自由の女神星雲 NGC3576

チリリモートでNGC3576自由の女神星雲という対象を狙いました。光学系:R200SS+コレクターPH(760mm F3.8)+Astrodon LRGBHαフィルターカメラ:ASI294MM Pro(フォーサーズセンサー)Gain:120  Offset:5 (LRGB) Gian:200  Offset:20  (Hα)センサー温度:-10度露光時間:Hα 4minx169枚  R 35枚 G 31枚 B 30枚 各2分総露光時間 14時間28分(Hα676分 R70分 G62分 B60分)赤道儀:Astrophysics AP900ガイド...

16, 2023   0
Category  
Askar 65PHQ スターライトピンクを買った

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

Askar 65PHQ スターライトピンクを買った

Aramisです。好きな色はピンクです。Askarの65PHQという望遠鏡を買いました。スターライトピンクというカラバリです。色だけで決めました。反省はしていません。2022年12月ごろに日本発売の可能性が示唆されていたこの製品、ピンクのRST-135を持っている私としては買わないわけにはいきません。焦点距離は416mmとなり、250mmのRedCat51、550mmのZ4/600mmのFRA600の中間になりますが、そんな理由は後付けなのです。単純にピンクが...

07, 2023   0
Category  機材