fc2ブログ
menu

SWAT-350を譲り受けました

SWAT-350を譲り受けました。
 DSC08763_R.jpg
きっかけは最近TwitterでFFになったGuttiさんのツイート。

私の赤道儀はToast TechnologyのTP-2というモノで、片持ちフォークで運用していました。
こんな感じですね。低緯度地域用に傾けてありますが。
DSC00535_R.jpg 

三脚座を備えた長焦点のレンズでは北天方向に向けられない、
可動域を広げようとしてフォーク部分を伸ばすと風などの外乱にとても弱いというデメリットがありました。
一方でウェイト不要というメリットに大きな魅力を感じていたのですが、
やはりBORG90FLのような大砲を運用すると風への弱さが顕著に現れます。
ちょっと風が出てきたなーなんて時のカットでもボツになることがよくあります。
また、カシオペア座や北斗七星、ぎょしゃ座方向に向けられないのは時々残念です。

そんな経緯から、Guttiさんとは以前にもポータブル赤道儀をドイツ式にするにはどうすればいいか、といった相談に乗ってもらっていましたが、
ウェイトとシャフトが必要になる、子午線越えの手間が生じるといったデメリットを考えるとなかなか踏み出せずにいました。



そこに先ほどのツイートですよ。

あーこれは私に向けて書いてるんだろうなーと空気を読み手を挙げました。
お値段はナイショですが、リーズナブルだったと思っています。
なによりTwitterでどういう人か、どんな使い方をしていたかある程度分かっていたので安心です。



事前に詳細な説明は受けていましたが、実際に受け取って動かしてみるとGuttiさんのアイデアと創意工夫が詰まった機材で、これは使いこなさねば申し訳ない、という気持ちになりました。

そんなアイデアのひとつがこちらの台座部分。
DSC08765_R.jpg 
3軸の微動台の上に回転台が載っています。
私は3軸の微動台のみで極軸を合わせていたのですが、
北極星を大きく外していたりすると3軸だけでは調整しきれないことがありました。
そんな時は三脚ごと動かしていたのですが、回転台をかませれば重い機材が載った三脚を回す必要もありません。
運用に慣れてしまうとそんなことにも気づかなくなるもので、とてもいい発見でした。
しかも天体用の重量機材を載せてちょうどいいトルクになるように中を分解して調整までされています。
実際回転させてみるととてもスムースに動きます。

もう一つがこちらのウェイトシャフト。
ウェイトとしてモバイルバッテリーを流用できるよう、シャフトの先にスマホホルダーがついています。
DSC08761_R.jpg 
モバイルバッテリーをウェイト代わりにするというアイデアはよく見かけてはいたのですが、
ウェイトシャフトには結束バンドやマジックテープで簡易的に固定する方法しか見たことがありませんでした。
きちんとホルダーを用意してバッテリーを固定できるようにしているなんて。
しかもシャフトとの接続のために1/4ネジからM6ネジに切りなおしてもらっています。
そういった加工の手間まで考えると、だいぶ格安で譲ってもらった気がして恐縮です。

そのほかにも鏡筒を載せる赤経体に1度刻みで目盛りが切ってあって、赤緯の回転台と合わせて目盛環での導入が可能になっているなど、
自分にとって必要かつ役立つ機能が実装されています。

最近目視での適当導入も限界だなーと思っていたところだったので、
目盛環は天体の知識を増やす観点からもとても有意義です。



もちろんそのまま実践投入とはいきません。
もともとGuttiさんはBORG 71FLで運用していたこともあり、私の90FLを載せてもバランスが取れませんでした。
ウェイトシャフトの追加を検討中です。

それから赤道儀用の収納も更新ですね。
現状ではTP-2に最適なサイズのカメラバッグを使っているのですが、SWAT-350はTP-2より一回り大きく、回転台もかなりごつくなりました。

DSC08769_R.jpg 

ドイツ式のためウェイトシャフトなどの付属品も増えます。
これら一式を収めるバッグを探さなければいけません。
より大きめのカメラバッグを探すか、いっそのことハードケースにしてしまうか。
ウェイト問題よりもこちらのほうが大変かもしれません。



シンプルな機材でーなんて思っていてもだんだん機材が増えていくんだよねーなんて話をよく耳にします。
ポータブル赤道儀からちょっと大きいポータブル赤道儀になっただけなので私は大したことないですが、
当然この連鎖はGuttiさん側でも起きているわけで。
彼は1軸の赤道儀を卒業して本格的な2軸赤道儀を導入予定だそうですよ。

さてこんな経緯で手に入れたSWAT-350、実践投入はいつになりますでしょうか。
収納問題を解決せねば。今週末はカメラバッグ探しの旅かな。
関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.