fc2ブログ
menu

ケンコートキナークリニックに行ってFirin 20mm F2.0を修理した話

フルサイズ対応のFEマウントネイティブ対応広角レンズ、
Tokina Firin 20mm F2.0を愛用しているAramisです。

過去の作例ですが、こんな写真が撮れたりします。

DSC00563_R.jpg 
α7s Tokina FiRIN 20mm F2.0
ISO12800 15” F2.8

DSC09328_R.jpg
α7S Tokina FiRIN F20mm F2.0
F2.8 ISO12800 15” カメラ内ノイズリダクション

DSC03649_R.jpg 

α7s Tokina FiRIN 20mm F2.0 ISO3200 SS15"

絞り開放から積極的に使っていけるフルサイズ対応星景レンズとしてお気に入りなのですが、
ピントリングが若干ゆるめなところが気になっていました。

そんなところにTwitterで流れてきたケンコートキナークリニック開催の告知。


毎月第二土曜日に開催しているそうで、レンズの無料点検清掃などをやってくれるイベントです。
症状によってはその場で預かり修理も受けてくれるそうです。
詳細はこちらの公式サイトへ。
3/10(土)「ケンコー・トキナークリニック」開催のお知らせ | ケンコー・トキナーサービスショップ

サービスショップはJR中野駅から徒歩10分ほどのところ。
1年ほど使ってきたこともあり、清掃だけでもと思って出かけてきました。



到着したときにはすでに先客が1名。

何ともなしに話を聞いていると、先日のCP+で買ったレンズの無限遠が出ないとのこと。
使っているレンズは一眼レフ用のものですが、それをマイクロフォーサーズのアダプタをつけて使っているそうな。

「いやいやさすがにそれを無限遠が出ないと持ち込むのは無理筋じゃ・・・?」と思っていたのですが、
おもむろにレンズマウントを分解し始める技術者。
そしてあっさり内部のワッシャーにたどり着き、
「これを0.1mm厚いのに変えればいけると思いますが、最短側が若干犠牲になる可能性があります」
とのこと。
先客の方はそれでいいから、ということでさくっと交換完了。
マウントを元に戻して動作確認を行い、調整完了。

分解を伴う清掃はしませんって書いてあるんですがそれは。



さて私の番です。
天体撮影用途だとフォーカスリングがちょっとゆるいんです、という症状を伝えると、
「現状でも仕様の範囲内ではありますが、お預かりしてグリスを固めのものにする対応は可能です」
とのお言葉。
有償で構いませんのでお願いしますということで預かっていただきました。

数日後には見積もり額の連絡をもらい、
預けてから10日後には代金引き換えでレンズが戻ってきました。早い。
ピントのずれもあったということで、グリス交換と合わせて10000円弱の修理代金となりました。
ちなみに保証書があれば保障の範囲内でやってくれるそうですよ。

実際に戻ってきたレンズは確かにフォーカスリングのトルクが固くなっていて、より快適に使えそうです。

こんな対応までしていただけるなんて嬉しい限りです。




内部の様子は公式サイトから拝借します。
このGoogle店内マップ、天体望遠鏡が置いてある様子も見られるのでなかなか見ごたえがあります。
私が写真を撮ってくるよりよっぽど有用です。



ケンコートキナーで扱っている商品の多くが手に取れる状態で展示してあるだけでなく、
その場で購入することも可能です。

特にフィルター関係は通常の量販店ではなかなかお目にかかれない角形フィルターといった特殊なものも含めかなりの品ぞろえ。
もちろんケンコートキナー扱いの製品に限られますが、天体望遠鏡や赤道儀も店内の広さをいかして天文ショップに負けない数の実機が展示してあります。

また、ビル1階の入り口にはCP+で売れ残ったと思われるフィルターもCP+の値付けのままの激安価格で販売されていました。
特に光害カットフィルターAstro LPRは眼視用のType I Type IIとも在庫があり、もういっそのこと77mmとか買ってレンズの前面につけてしまうかと思ってしまうくらいでした。
思っただけですが。



ほかにもトキナーレンズの貸し出しを行っていたり、時折写真セミナーも開催していたりするようです。
トキナーレンズを持っていない方でも楽しめる場所だと思います。
東京に来る用事がある方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。
かなりおすすめです。




関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.