fc2ブログ
menu

天体写真は長く続けるといいよ

はるばるハワイ島まで行ってショボい天の川の写真を撮ってきた人でも、
6年も経つとちゃんと天の川を撮れるようになるよ!
ゆっくりでもいいから続けるといいよ!

という話をします。

私が撮った初めての天の川写真を見て優越感に浸るがよいです。


初めてのハワイ島 初めての天の川


2006年の夏ごろ、ハワイ島に行きました。

ハワイ島に行くなら星空観測ツアーは外せないでしょうと、星についての知識を何一つ持っていないまま観測ツアーになんとなく参加しました。

天体観測には月齢が重要であることをこの時初めて知ります。
そんなことも知らずにハワイ島へ行ったのでしたね。
行った日は満月に近い月齢で、月がなければもっとすごい星空が、と言われたことを覚えています。

それでも美しい星空に魅せられた私は再訪を誓います。


2回目のハワイ島 初めての天体撮影


そこから時は流れて6年後、当時結婚したばかりのお嫁さんとキレイな星を見ようということで
2012年7月にハワイ島を再訪します。
この時、月の出ていない時期を狙って行くという知恵だけはついていましたが
写真に関しては全くと言っていいほど知識がありませんでした。
少し調べてみたところで、一眼レフでないとまともな星の写真は撮れないということ、なるべく広角で明るいレンズが必要だということを知ります。

ということで一眼レフ(α65なので実はミラーレス)と、Tokinaの11-16mm F2.8通しのズームレンズを携えて、6年前と同じ星空観測ツアーへ。

ツアーで準備してくれる観望会には「一度見たからいいです」とか言って先輩風を吹かせて別のところで写真を撮っていました。

その時の写真がこれ。
 DSC02614_R.jpg
α65 Tamron 11-16 F2.8
F2.8 ISO6400 8”

はるばるハワイ島まで行ってこれです。草も生えません。
ピントは合っていないし、周辺は流れているし、露出も全然足りていません。
なんかシミみたいの写ってるけど・・・?という感じです。

これでも当時は「星が写った!」と涙が出るほどうれしかったのを覚えています。
その後天体写真の道を歩み始めるに十分な感動を味わいました。
 

天体写真のために機材をそろえる


当時「これ以上の写真には赤道儀なるものが必要だ」ということまでは理解していたものの、
変な形した金属のかたまりにしか見えない私には仕組みまで理解できず、
天体写真を眺めては自分には無縁の世界だと思っていました。

その後悩みに悩んだ結果、2014年8月にポータブル赤道儀を購入します。
2度目のハワイ島旅行から2年経っていますね。悩みすぎです。
これで私もあんな写真やこんな写真が撮れるようになっちゃう?と妄想するわけですが当然そんなこともなく。
安定して星を追尾できるようになるまで1年間以上かかりました。


人に見せられる写真に


そして2016年8月に公開したペルセウス座流星群の写真が赤道儀を使った最初の公開写真になります。
PerseidMeteorShower2016_02_R.jpg
 

このころになってやっと自分なりに納得いく写真を撮れるようになってきます。


そして本格的に天体写真を志して6年、2018年3月には東京から車で2時間の場所でもこんな天の川が撮れるようになります。
もはやハワイ島まで飛行機で8時間もかけて行く必要ないのではないかと思うくらいです。
DSC09336 (2)_R  



3回目のハワイ島


私にとっての星空の原点はハワイ島にあります。
天体写真のために海外へ、というとオーストラリアやニュージーランドに行く方が多いと思います。
もちろんそれも検討しましたがやはり自分にとっての星空の原点はハワイ島なのです。
また難儀なところに原点を作ってしまった気がしますが、今回のハワイ島旅行が一つの区切りになるといいと思います。


のんびりでもいいから続けよう


何が写っているかもわからないような天の川写真を撮ってきた私でも、
続けていればそれなりの写真が撮れるようになりました。
天体写真は撮影チャンスが非常に限られるジャンルですが、だからこそのんびり長く続けることができるジャンルでもあると思います。

SNSで作品を発表するのが当たり前となった昨今、すごい写真は探さなくともあっちから目に飛び込んできます。
自分の未熟さを思い知るばかりの毎日ですが、気にしすぎると楽しくないので、
自分のペースでのんびりやっていけばいいと思いますよ。

・・・そんなこと言っているから6年かかってやっとこの程度なんですね私は。
いいんです。趣味ですから、私が楽しければいいのです。

ということで1週間ほどハワイ島に行ってきます。
気持ちよく見送ってくれるおよめさんには感謝しかないです。

ハワイ島からはTwitter更新するのでそちらもどうぞ。


関連記事
スポンサーサイト



1Comments

There are no comments yet.

namihei

お~、ハワイですか。ぜひ頑張って星を写してきてください、期待しています!

》「星が写った!」と涙が出るほどうれしかったのを覚えています。

これ、最近の自分です。(笑)なるほど、「長く続ける」というのは納得です。なかなかチャンスには恵まれませんよね。絶好のコンディションなので、実はさっき大山千枚田に行くところだったんです。
浮島に向かって運転していたら、カーラジオから「アクアラインから館山有料道路には工事中のため朝6時まで不通です」とのアナウンス。。心折れて(笑)結局Uターンしてしまいました(^^;