fc2ブログ
menu

α7s・SEL85F18・EF35mmF2 IS USMで撮る晴海埠頭

夜景を撮りに晴海埠頭に行ってきました。

2018年5月現在、晴海ふ頭のすぐ隣には東京オリンピックの選手村が建設中です。
クレーンが邪魔かなと撮影中に思いましたが、この景色が見られるのは今だけだと思うとこれはこれでありかなとも思います。

自然の中で撮る星空も好きですが、自然のものが一切存在しない世界も結構好きです。
何というかディストピア的な。



東京湾にはたくさんの埠頭がありますが、ここもその一つ。
公共の交通機関はバスしかないため機材を担いで行くのは意外と大変ですが、
この日はSEL85F18とCanon EF35mmF2 IS USM(マウントアダプタ付き)の2本だけで撮ってみることにしました。
カメラ本体はα7sです。

以下35mmの記載はCanon EF35mm F2 IS USM
85mmの記載はSEL85F18です。

DSC01240_R.jpg
35mm

DSC01239_R.jpg
35mm

DSC01222_R.jpg
85mm

DSC01168_R.jpg 
35mm

DSC01183_R.jpg
35mm

DSC01232_R.jpg 
35mm

DSC01235_R.jpg
35mm

DSC01215_R.jpg
85mm

DSC01224_R.jpg
85mm

DSC01238_R.jpg 
35mm

DSC01219_R.jpg
85mm

DSC01223_R.jpg 
85mm


DSC01228_R.jpg
35mm

 DSC01193_R_20180527220557738.jpg
85mm

DSC01208_R.jpg 
85mm


ズームレンズは持ち出さずに広角は35mm、中望遠は85mmと割り切ったのが今回はよかったようです。
どちらも使いやすい焦点距離でした。
今更ながら真面目に写真を撮るなら単焦点一択だなぁと再認識。
こんなレンズが6万円程度で手に入るなんて。
私が普段使っているEマウントの標準ズームレンズSEL1670Zも決して悪くないとは思っていましたが、単焦点レンズには敵うわけもなく。
「ズームレンズは捨てなさい」なんて本がありましたが、まぁおっしゃる通りです。
SEL1670Zはそろそろお役御免にしようかしら。

35mmという画角は結構気に入りました。
早くEマウントネイティブ対応の35mm F2、出ませんかね。
APS-Cにつけても52mmとして使えるので応用範囲は広そうです。

有名な夜景スポットではありますが、きっと有名すぎて誰も撮りに来ないんでしょう。
ちらほらとカメラを携えた人がいましたが、のんびり撮影することができました。
そのうちまた行こう。人が少なくて落ち着く。













関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.