fc2ブログ
menu

α7sとTokina FiRIN 20mm F2.0で撮る天の川 @ 富士山五合目 富士宮登山口

  • 梅雨空
  • 月齢7.8 月没24時半
  • 夏至 天文薄明開始 2時半すぎ 日の出4時半
  • 天気予報は一晩中曇り

普通に考えれば撮影になど出かけるコンディションではなかったのですが、
「富士山五合目まで行けば雲の上じゃね?月没後なら天の川撮れるんじゃね?」という考えが頭から離れず、
次の日の休暇まで取得して富士山五合目へ出かけてきました。

富士山五合目にもいろいろありますが、今回訪れたのは標高2400mにある富士宮口。
他にも標高の高い場所だと山梨県側からアクセスする富士吉田口がありますが、こちらは夜間進入禁止。
静岡県側、富士宮口であれば24時間アクセス可能です。
静岡県側の光害が気になるところですがとにかく出かけてきました。

自宅を20時半ごろ出発し、現地到着は23時ごろ。
到着すると眼下には確かに雲海が広がっていましたが、同時に頭上にも高層雲が流れていました。
さすがに天体撮影は厳しいかと思いつつ、タイムラプスの撮影と星景写真の撮影から始めました。

本日の星景写真はすべて
α7s+Tokina FiRIN 20mm F2.0で撮影しています。

20180622_16_R.jpg
まだ上弦を過ぎたばかりの太い月も西の空に浮かんでいて、雲も流れていたためこの程度の写真に。
月明かりの影響が強いとはいえ、空を青くしすぎました。

20180622_12_R.jpg
月が傾いてくると天の川もこのくらい濃く写ってきます。
タイヤを端っこに持ってきたのは失敗でした。広角ゆがみの影響がモロに出てしまいますね。

20180622_13_R.jpg
そう気づいてタイヤをフレームから外してみたら今度はすごく不安な構図に。
車を真横から撮るならフレームの真ん中に入れればいいのでしょうかね・・・。

一度撮影を開始してしまうと車を移動させるのが大変になるので、停める前に向きをよく検討しなければなりませんね。
車と星空を両立させるのは意外と難しいです。

月が沈んだころから急速に晴れはじめ、結局この日は明るくなるまでほぼ雲のない晴天に恵まれました。

20180622_10_R.jpg
山肌にはりつくように作られた駐車場

20180622_09_R.jpg 
杉の木の向こう側の天の川


20180622_14_R.jpg 
光の海に浮かぶ


20180622_04_R.jpg
光の海に(ry



 
20180622_06_R.jpg   
光の(ry


20180622_15_R.jpg
夏の天の川を背にすると、北東の空には早くも秋の天の川が。
カシオペア座とアンドロメダ銀河が見えますね。
アンドロメダ銀河は去年ろくに撮れないまま冬になってしまったので、今年はきちんと狙いたい対象の一つです。

20180622_03_R.jpg
アンドロメダ銀河はソフトフィルターなしのこちらの写真のほうがわかりやすいでしょうか。
画面中央右側にぼんやりと目立っているのがそれです。


それにしても静岡県側の光は強烈でした。
現像時にハイライトを限界まで下げているのですが、それでも天の川の下の部分はほぼかき消されてしまっています。
もっと分厚い雲海になればもっと改善するのでしょうけれど、梅雨の合間にこれだけ晴れれば文句は言えません。
わざわざ出かけた甲斐がありました。



ところで今回の写真は同じ構図で複数枚撮影を行い、Sequatorを使ってノイズ低減処理をかけています。
重ねた枚数はそれぞれ違いますが、8枚から多くて20枚程度を重ねて処理をしています。
Sequatorについてはこちら↓
赤道儀不要の星景写真にSequatorを使ってみた

前回は地上と空が山の稜線ではっきり分かれている構図でしたが、地上風景に木のような複雑なものを持ってくるとどうなるのか試してみた結果を追記しておきます。
何はともあれ拡大写真をどうぞ。
20180622_03_01.jpg
先ほどの秋の天の川の画像の一部分を切り抜きました。
全く破綻が見られませんね。びっくりです。
この写真は12枚スタックしているので、合計露光時間は3分以上になりますが、
ここまできれいにスタックできるとは思っていませんでした。
これからの星景写真は複数枚撮影してSequatorでスタックが基本になってきそうです。


さて、タイムラプスのほうも無事完成したのでまとめてご紹介。


こちらはα6300+Samyang 12mm F2.0 NCS CSで撮影しました。
今回からタイムラプスで撮影したRAWデータの一括現像にLightroomを使えるようになったので
地上も空も階調表現がかなり改善した印象です。

次は7月7日ごろからが天の川の狙い目でしょうか。
晴れるといいなぁ。




 
関連記事
スポンサーサイト



2Comments

There are no comments yet.

namihei

天の川、メチャクチャきれいな雲海。素敵です!
執念でしたね。天気予報やGPSをぶっ飛ばしたのでは?

P.S. Sequatorってすごそうですね。DLしました。情報サンクスです。

Aramis

天気予報では一晩中曇りだったのでしょうけれど、この標高ではほぼ一晩中晴れでした。ホントにラッキーでした。

執念...我ながら時々不思議な行動力を発揮するものです(笑)

平日ということもありさすがに私以外写真撮影の人はおらず、気兼ねなく星空を楽しむことができました。

Sequator使ってみてください。作品を楽しみにしています!

  • 2018/06/29 (Fri) 22:39
  • REPLY