fc2ブログ
menu

α7s+SEL85F18で撮る高津区民祭

川崎市高津区の高津区民祭にα7sとSEL85F18を携えて行ってきました。

人の顔を撮らずに祭を表現するのもなかなかチャレンジングでした。結果背中の写真ばかりに。
開き直って背中写真特集ということでいっちゃいましょう。

先に謝っておきます。
浴衣の女性の写真はあの1枚だけです。
アイキャッチ画像につられてきた方、申し訳ありません。

DSC09189_1_R.jpg


DSC09199_R.jpg

 
DSC09299_1_R.jpg


DSC09246_1_R.jpg


DSC09330_1_R.jpg



DSC09167 - コピー_R
せっかくなので、1枚くらいはすこし違った写真を。
神社 x 浴衣の女性なんてありきたり・・・と思ったのですが、
お祭りの時でもないと浴衣の女性なんてなかなか見られないかと思うと、意外と貴重な写真になったのかもしれません。

DSC09252_R.jpg
神輿を担いでいる方からお話を聞くことができました。

写真にあるような一辺1m弱の大きさの神輿でも今作れば5000万はかかるのだそうです。
金額の多寡も含めコトの真贋は不明ですが、高津区民祭は昭和49年から続いているそうですので、お祭りに使われている神輿もそれと同じくらい以前に制作されたものなのでしょう。
宮大工が減っているということを勘案すると「今作れば5000万」というのもあながち大げさとは言えないのかもしれません。

DSC09227 - コピー_R
たとえばこの装飾、風神(かな?)が抱えている金色の宝物らしきものの中には何か別のものが入っています。
透かし彫りで作られた造形だそうで、この部分だけを見ても手の込みようがわかります。
周囲の装飾の箔押しもかなり複雑な構造になっていて、子細に見れば見所満載。

地元のお祭りとバカにできない歴史と価値を感じることができました。


おまけの写真をさいごに一つ。
DSC09269_1_R.jpg
人の顔を撮っても掲載はできないし、かといって人混みの中人の顔を写さずにというのも難しい。
さてどうしたものかと悩んだ末に足を撮ってみた結果。
すね毛の生えた足が被写体になるなんて思ってもみませんでしたが、意外と悪くない写真になったかもしれません。


さて、ここからは機材の話。

おおむねF2からF4くらいの絞りで撮影していたのですが、ピンボケ写真を量産しまくってきました。
原因はいくつか考えられますが、
1. フルサイズセンサー+明るいレンズによるピント面のシビアさ
2. α7sのAF性能の弱さ
3. 1+2を言い訳にする撮影者の腕前のなさ

という感じでしょうか。
フルサイズセンサーのカメラを使うのは星の写真を撮るときだけで、普段はAPS-Cのα6300にF4通しのSEL1670Zを使っているため、
フルサイズセンサーに開放F値1.8のレンズを組み合わせればそりゃあピント合わせに苦労するはずです。

フルサイズで撮るならせめて少し暗めのレンズを使うか、AFに強いカメラを使うかと考えたのですが、
よくよく考えるまでもなく先立つものがないですね。

普段の撮影はやはりα6300+SEL1670Zで継続すべきでしょうか。
それとも、せめてAPS-C用の明るい単焦点レンズを使うべきなんでしょうか。
機材の悩みは尽きません。







関連記事
スポンサーサイト



2Comments

There are no comments yet.

namihei

高津区民祭って知りませんでした(涙)こんなのがあったとは!
「女性の浴衣姿」、どこの神社ですか?なんかよさそうなところですね(^^)

α7Sは好感度に強そうで星撮影にはばっちりですね!そうですね~、普段の撮影となるとやはり手振れ補正が欲しくないですか?
自分の場合はこれが必須なんです。頻繁に手持ちで夜景をとったりするのでなおさらなんです。フルサイズなら、α7 IIあたりは中古でも安くなっているみたいですね。

Aramis

Aramis

Namiheiさんならきっと撮影に行っているのではないかと思っていたのですが意外ですね。
そう大きなものではないですが、高津区の各町ごとに神輿を担いで大山街道を歩き、最後は溝口神社へ宮入りします。大山街道に10個ほどの神輿が並ぶ様子はなかなか見ごたえがありました。
とか言って私も今年初めて行ったのですが・・・

女性の浴衣の写真は溝口神社です。大山街道に面した参道から撮影したものになります。

この日は昼間の屋外ということで手振れ補正が必要になるようなシャッタースピードまで落ちることはなかったのですが、普段は手振れ補正付きのレンズSEL1670Zを使っているのでやっぱり少し違和感がありますね。
確かにα7IIは安くなっているのですが、α7IIIの高感度性能がついにα7sに追いついたらしいという情報を耳にして以来、α7IIIでα7sをリプレイスしようかという妄想が頭から離れません。困ったものです。
α7IIIを買ったら間違いなくSEL24105Gが欲しくなるだろうことまで想像して思いとどまっています。

  • 2018/07/30 (Mon) 23:19
  • REPLY