fc2ブログ
menu

9月8日遠征記録 千葉で星を撮ろうとしました

新月期です。
星を撮りたいです。
天気は良くないです。

秋雨前線が日本列島に居座っているのか不安定な天候が続いています。
夏の終わりらしい天候といえばそうなのですが、星を撮るには困った状況です。

天気予報を見ていても安定して晴れそうな場所が見当たりませんが、
少しでも可能性がありそうな場所ということで千葉県に行ってきました。
場所は過去にも何度か行っている鹿野山九十九谷展望公園。

12月9日遠征記録 千葉県九十九谷展望広場に一般人を連れて行った話

現地到着は19時半ごろ。ちょうど天文薄暮が終わるころです。現地には撮影されている方が10人ほど。
ここはやはり気軽に星撮りを楽しめる場所のようですね。

ただ、空のほうは全天の5割程度が雲に覆われるような状況で、
じっくり天体撮影に取り組めるような天候には程遠く。

タイムラプスだけでも仕掛けておこうと撮影したのですが、21時前には完全に曇ってしまいました。
作品にするには程遠いためタイトルもBGMもないですが、一応動画には仕上げたので載せておきます。


さすがにこんな空模様では撮影を続ける気にもなれず、川崎の工場夜景でも撮って帰るかと思ったのですが、
木更津の工場夜景を撮れる場所があったことを思い出して養老川臨海公園へ。

途中雨に降られたりしつつ到着してみると、やっぱり空には分厚い雲が。
いったん天体写真をあきらめてしまうと、工場夜景なら雲があっても絵になるなーとか思っちゃうあたり、我ながらなんて都合のいい人間なのだろうと思います。

 DSC02822_R1.jpg
奥から手前にかけて雲が流れてくる状況で、


DSC02814_R.jpg
煙突の背後に渦巻く雲がいい感じです。


DSC02832_R.jpg


DSC02815_R.jpg


DSC02829_R.jpg


さてそろそろ帰ろうかとこの写真を撮ったところで、星が写っていることに気づきました。
DSC02835_R.jpg
日周運動で流れてはいますが、ちょうどこの部分だけ雲がなく星が写っているのです。
これは久しぶりにスタートレイル写真が撮れるかなーと思い立ち、このまま流すこと15分。

こんな写真ができました。
Startrail01_R.jpg
撮影データは下記の通り。
α6300+SEL85F18
F8 ISO200 15”
31枚を比較明合成
総露出465秒

星の見かけ移動量が大きい東天だったこと、また中望遠レンズを使ったことにより、8分弱という比較的短時間の露出でもそこそこの軌跡を出すことができました。
本音を言えばもう少し長めの撮影時間を取りたかったところですが、雲がかかってきたので断念。

工場夜景 x 星の軌跡というのはおもしろいアイデアだと思うのですが、
いかんせん星が見えているような天候であれば工場夜景ではなく天体写真を撮りに行きますからね。
次回は月の明るくて晴れているときに狙ってみることにします。






関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.