fc2ブログ
menu

浜崎橋ジャンクションと芝浦PAに萌える

前回レインボーブリッジの撮影を記事にしました。

今回はそこからの続きです。
レインボーブリッジを撮影してから北上し、芝浦PAと浜崎ジャンクションを撮影しました。

DSC03216_R.jpg
道路の形が特徴的な芝浦PA。
実際に首都高に乗って訪れるとわかるのですが、芝浦PAはとても狭いところに作られています。
水平方向へ広げることができなかったために上下方向へ伸ばしたということがよくわかります。

DSC03218_R.jpg
反対側から似たような構図で。


さらにここから首都高沿いに浜崎橋ジャンクションまで移動します。
DSC03222_R.jpg
西向き、一ノ橋ジャンクション方面。
ちょうどジャンクションの中心部に徒歩で渡れる橋がかかっているため撮影環境としては悪くないです。
橋の揺れが心配でしたが、普通の車が通った程度では気になる揺れは起こりませんでした。
大型トラックが通るとさすがに揺れますが。

DSC03225_R.jpg
今回撮影した浜崎橋ジャンクションの写真で一番のお気に入りがこちら。
道路の大きさとか躍動感的なものが出せたかなーと。
左上の街灯周辺に妙なゴーストが出ていますが、いわゆる「サッポロポテト現象」といいうやつですね。
初めてお目にかかることができたので、珍しいものが見られたなーとうれしい気もします。

DSC03223_R.jpg
少し別の角度からもう一枚。
こちらではサッポロポテト現象は見られませんね。


DSC03227_R.jpg
北を向いて汐留ジャンクション方面。

DSC03226_R.jpg
縦横どちらの構図も捨てがたいですね。
縦構図では頭上を通る道路とビルの存在感で迫力のある構図に、
横構図では放射状に広がる道路ときらびやかな信号が印象的になりました。

おり重なり、うねって伸びていく道路は星とは違った楽しさがあります。
次はどこのジャンクションに行ってみようかな。


関連記事
スポンサーサイト



4Comments

There are no comments yet.

namihei

「サッポロポテト現象」って初めて知りました。調べると滅多にお目にかかれないゴーストらしいですね。四つ葉のクローバーみたいなもの?(笑)

橋やジャンクションはそそる被写体ですね。自分も「東名青葉インター」あたりを狙っているんです。

三脚沼、わかります。あとバッグ沼(笑)自分は赤道儀がないので小柄で安価なやつばかりですが、気づくと何個も買ってしまいました。

Aramis

サッポロポテト現象、私もつい最近知ったばかりなのですがすぐにお目にかかれるとは思いませんでした。
太陽を入れても必ず起きるというわけではないようなので、入射角や位置も関係してくるんでしょうね。

カメラの世界はあちこちに沼があるので、うっかり踏み入れてしまうと大変なことになってしまいますよね。三脚はもちろんのこと、バッグもです。カメラリュックだけで大小二つ、そのほかにも赤道儀用や登山用のほか、天体観測に必要な防寒具や生活グッズを収納するボストンバッグも・・・。使い込んでいくと、重いとかポケットが少し足りないとかささいなことが気になってしまい、もっといいのないかなーと探してしまいます。

インターの写真、都内はともかく、ちょっと郊外へ出るとまずそこにどうやってたどり着くかが大変なんですよね。横浜青葉は延伸があってかなりすごいことになってますが、さて、どこに車を停めればよいのやら。
いや、横浜青葉なら市が尾駅から徒歩でもいけるかもしれませんね。

  • 2018/09/29 (Sat) 23:41
  • REPLY

あぷらなーと

こんにちは。あぷらなーとです。
鮮明な『サッポロポテト現象』が出てますね。
私はまだ現象そのものを捉えたことがありません。単なる回折や干渉とも挙動が異なる気がしますので、原理が知りたいところです。メーカーさんは色々と対策を講じられているのだと思いますが。

それにしても夜景の写真、美しいですね。
天体写真以外にも夜景撮影も良いなあと思いました。

  • 2018/10/01 (Mon) 13:30
  • REPLY

Aramis

ひゃあ。まさかのあぷらなーとさん降臨!
いつもブログを楽しく読ませてもらっています!
お返事が遅くなりすみませんでした。平日にもかかわらず遠征に行ってました。

サッポロポテト現象、あぷらなーとさんのコメントをみて改めてじっくり見てみたところ、
・光源の強さに比例する形で出ているように見える
・電球色の街灯でより強く出る、寒色系の街灯では見えない(または出ていない?)
・特に指向性の強いLEDでも出ているようには見えない
・出る場合は画面内の場所を問わない
というような傾向があるように見うけられました。
やはりセンサー前面のフィルターが悪さをしている可能性がありそうなので、機会を見つけて改造カメラで試してみようかと思っています。

私の場合、天体写真は遠征が基本なので撮影機会が限られます。
あれこれ揃えている機材を少しでも有効活用しようということもあり、また都会に住んでいるアドバンテージを生かせる被写体をということで星以外にも積極的に出かけるようにしているのです。

  • 2018/10/03 (Wed) 21:50
  • REPLY