fc2ブログ
menu

2018年の天体観測遠征を振り返る

12月の新月期も終わりに近づき、2018年を振り返る時期になりました。
1年間で何回遠征に出かけ、そのうち何回星空を見ることができたのかはまとめておく価値があるでしょう。
というかこの記事を書くために遠征記録をつけていたといっても過言ではありません。
細かい記録については文末に掲載しておきます。

天気によらず予定ありきで出かけた日もあるので定量的な評価をするのは難しいですが、
出かけていった回数は30回(晩)ほど。そのうちしっかり天体撮影ができたのは13回(晩)ほどでした。

ハワイ島に10日間滞在しましたが、そのうち晴れたのが2晩だけだったというのが割合を下げているようですが、
これを除けば11/20となり半分を越えてきます。
平均して月に1回程度は夜空の暗い場所で星空を見ることができている、というのは悪くない結果かと思います。

今年は撮影地のバリエーションを増やそうとあちこち出かけることができたのも成果のひとつです。
千葉の大山千万田、群馬の妙義山、静岡の天城高原など、初めての場所にいくつも出かけることができました。
その分個人的ホームグラウンド認定の育樹祭記念広場に行く回数が減ってしまいましたが、
行った時には必ず晴れるという安定感。
やはり相性がいいということなのでしょうか。

一方で戦場ヶ原、野反湖、美ヶ原、阿智村、王滝村などなど、長らく訪れていなかったり、行ったことなかったりという場所もいくつも残っています。
そこらへんは来年の課題ということにしておきましょう。

DSC03410_R.jpg
何もないのもつまらないので、先日野辺山で撮影した電波望遠鏡の写真を貼っておきます。

細かい遠征記録は下記の通り。
1月13日 山梨県 育樹祭記念広場 ほぼ一晩中晴天
2月8日 山梨県 精進湖 一晩中晴天
2月17日 神奈川県 馬の背洞門 一晩中晴天
3月16日 田貫湖 夜半から晴れ
3月24日 千葉県大山千枚田 一晩中晴天
4月 ハワイ島 10日間中晴れたのは2晩のみ
5月10日 群馬県妙義山 一晩中ほぼ晴天
5月11日 八千穂高原 野辺山 ほとんど見られず
6月8日 野辺山観測所 星空撮影会 まったく晴れず
6月9日 新道峠 まったく晴れず
6月25日 富士山五合目 富士宮口 ほぼ晴天
7月14日 茨城県 まったく晴れず
7月20日 山梨県育樹祭記念広場 一晩中晴天
8月9-11日 長野県安曇野-高ボッチ-レストハウスふるさと まったく晴れず
9月8日 千葉県九十九谷展望広場  ほとんど見られず
9月15日 千葉県九十九谷展望広場 まったく見られず
10月1日 山梨県育樹祭記念広場 一晩中晴天
10月7日 静岡県天城高原 夜半までは晴天 その後曇る
11月2日 長野県原村 まったく晴れず
10月11-13日 小海町星と自然のフェスタ ほとんど見られず
11月10日 長野県富士見高原 一晩中晴天
12月7-9日 長野県小海町・南牧村 曇りがち
12月12日 山梨県育樹祭記念広場 一晩中晴天


関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.