fc2ブログ
menu

福島遠征に行ってきました

1月の上旬に福島まで出かけてきました。
今回は会社の写真友達のケイ氏と一緒にお出かけです。

いろは坂の下で待ち合わせてまずは中禅寺湖まで。
DSC00693_R.jpg
この時点では期待が持てそうな天候だったのですが、ここからさらに奥日光へ行ってみたところ状況が急変します。

DSC00712_R.jpg

DSC00736_R.jpg

空はどんより曇っていて、強い風で地吹雪がひどい状況。
雪こそ降っていないものの、真っ白な雲が北からどんどん流れ込んできます。
これではさすがに星の撮影はできそうにないです。

早々にあきらめて暗くならないうちにということで急いでいろは坂を下ったところで、Twitterで知り合った髭眼鏡さんから連絡をいただき、戦場ヶ原がダメなら鹿角平天文台へ行きましょうと提案を受けます。
実はこの日戦場ヶ原に行くことは事前に相談をしていて、タイミングが合えばご一緒しようと話をしていたのです。
太平洋側なら安定して晴れているだろうという判断もあり行ってみることに。
果たして現地は雲一つない晴れが広がっていました。

残念ながら風がかなり強くて天体写真のほうは成果ゼロでしたが、星景写真やタイムラプスを撮ってくることができました。

20190105seq16_R.jpg

20190105seq13_R.jpg

この日はハーフプロソフトンフィルタのデビューでもありました。
こちらの2点はハーフプロソフトンフィルタを使って撮影したものを、
さらにSequatorで10枚ほどスタックしてノイズ低減をかけています。

星空撮影の経験が浅いケイ氏も満点の星空に感動してシャッターを切っていました。

明くる日は只見線を撮りに行こうということで再び車を走らせます。
髭眼鏡さんが夜のうちに只見線撮影地へ移動されていたこともあり、長めのドライブも何とかこなして撮れた写真がこちら。
DSC02099_R.jpg

鉄道を撮るのは今回初めての経験でしたが、ここはロケーションが良すぎますね。
超有名な撮影地だけのことはあります。
鉄道写真としてではなく風景写真として様々なシチュエーションで何度も撮影したくなる気持ちがよくわかりました。

その日の夜は天気予報があまり芳しくなかったため、ここでツアー終了としてまっすぐ帰宅となりました。
帰りに寄ったサービスエリアでの空がものすごく晴れていたのですが、帰宅モードに切り替わった気持ちを再稼働させるのはなかなか難しいものです・・・。



普段は一人で撮影に出かけることがほとんどで、誰かと連れ立っていくのもどうなのよと思っていたのですが、たまにはいいものですね。
遠くへ行くモチベーションにつながります。
友人が「これを撮りたい!」と言えば一緒に行こうかな、と思うし、
知り合いが「先に行ってるよ!」となれば行かなきゃな、と思うし。

おかげでいい経験ができました。
ご一緒してくれたお二方、ありがとう。




ハーフプロソフトンについてはこちら。
ケンコー・トキナーのハーフプロソフトンフィルターを買いました

鹿角平天文台で撮影したタイムラプスはこちら。
福島県 鹿角平天文台に行ってきた





関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.