fc2ブログ
menu

妙義で撮る星空タイムラプス

先日訪れた妙義山でタイムラプスを撮影していました。


動画は16:9ですが撮影は3:2で行っています。
DSC01316_R.jpg
木の枝の間から南中を過ぎたオリオン座が姿を現します。

DSC01771_R.jpg
そうこうしているうちにおうし座の星々が西の山に沈んでいきます。

20190209_01.jpg
さらに、このカットでは星の動きからスタートレイルにつなげています。

DSC02035_R.jpg
北にそびえる妙義山の上には北極星が。


DSC00956_R.jpg
時折、車が通って道路が明るく照らされます。


DSC01338_R.jpg
沈んでいくカシオペア座と、北極星を中心に上ってくる北斗七星。

20190209_02.jpg
こちらのカットも星の軌跡からスタートレイルにつなげています。

機材はいつもの通り
α7s+Tokina FiRIN 20mm F2.0
α6300+Samyang12mm F2.0 NCS CS
を使用しています。
どのカットでどちらの機材を使っているかは・・・
ノイズの状況から一目瞭然な気もします。

どちらのレンズも絞り開放のF2.0から周辺像までしっかり使える非常に優秀なレンズです。
おかげでほかのレンズになかなか手が出せずにいつも似たような画角になってしまうのは贅沢な悩みでしょうか。
35mm程度の焦点距離のレンズも欲しいところなのですが、F2で周辺像まで使い物になるお手頃レンズとなるとなかなか候補も見つからず。

機材の悩みはいつまでも尽きませんね。



関連記事
スポンサーサイト



2Comments

There are no comments yet.

namihei

ごぶさたしています。1月に入ってちょと色々とありまして。。^^;
「妙義山でタイムラプス」いい感じですね~。真冬の星撮影にも精力的に挑まれている様子に頭が下がります。写真や映像を見ると、やはり寒そうでちょっと自分には無理そうな。なんとか3月あたりから天の川撮影を開始してみようと思っています。

Aramis

Aramis

Re: タイトルなし

Namiheiさんこんにちわ。
1月上旬は長い間休みが取れていたこともあり、あちこち出かけていました。
逆にブログを書く時間があまり取れないほどでしたが。

今年は比較的暖冬だと思いますが、それでも実際むちゃくちゃ寒いですからね。
場所によってはマイナス10度くらい覚悟しないといけません。
本格的に星の撮影をするようになって数年経ちましたが、カメラ機材と同時に寒さ対策グッズもどんどん増えていく一方です。

気の早い方は今月の上旬の明け方から天の川を撮っていらっしゃいますね。
私も次の新月期くらいからは天の川を狙っていこうと思っています。
さらにもう少し暖かくなったら、天の川撮影ご一緒しましょう。

  • 2019/02/11 (Mon) 21:09
  • REPLY