fc2ブログ
menu

α7s+Tokina FiRIN 20mm F2.0で撮るフィギュア星景写真

Twitterをはじめてしばらくしたころ、「フィギュア星景写真」を撮影されている「うささ(リンク先はTwitter)」さんという方を知りました。


星の撮影はもちろん好きでしたが、
星をバックににフィギュアを撮影するというアイデアには全く至らなかった私には目からうろこ。

早速手持ちのフィギュアで・・・と思っていたのですが、
本当に気に入ったフィギュアだけを手放さないことを前提に手に入れているため、手元にあるフィギュアはほとんど箱を処分してしまっています。
一般的にフィギュアは繊細な作りのため、箱なしで輸送するというのはかなり面倒です。

そんななかで唯一箱が残っていたフィギュアがマックスファクトリーのみくずきん。

ということで出かけてきました。
場所はいつもの育樹祭記念広場。
DSC05544_R_201902101434022f1.jpg
まずは撮ってみようということでやってみると、被写体となるフィギュアは完全に露出不足。
現像で無理やり持ち上げてみましたがフィギュアの顔にノイズが乗るばかりなのでこの程度であきらめました。

この日はふたご座流星群の日でもあったため偶然大きな流星も入ってくれたのですが、
いかんせんメインの被写体が暗くてどうにもダメです。

それではということでライティングしてみたのがこちら。
DSC05523_R_201902101433598b1.jpg
・・・今度は逆にフィギュアが白飛びしてしまいました。
撮影地で機材写真を撮る際は露光中にライトで一瞬機材を照らすといい感じになるのですが、
フィギュアの場合はカメラとの距離が近すぎたようです。

DSC05552_R_201902101434011f1.jpg
それならばと次は少しだけ明るい場所に変えて、ライティングなしでやってみました。
1枚目よりは多少改善しましたが、メインの被写体とするにはまだ露出が足りませんね。
これでもかなりシャドウを持ち上げているのですが、
これ以上やるとフィギュアの顔がノイズだらけになってしまうのであまり無理もできず。

それならばとさらに次はSequatorでノイズ低減を、とトライしてみたのですが・・・
20181201_R.jpg
オリオン座本体はだいたい合わせてくれているように見えますが、
それ以外の場所、冬の天の川やオリオン座の右側はずれてしまっています。
さすがに玉ボケとなった星の位置合わせまではできなかったようです。
地上風景はきちんと重ねてくれているし、星空にも努力の跡は垣間見えますがさすがにこれでは使えませんね。
まぁ玉ボケとなった星まで位置合わせしてもらえるなどとは思っていませんでしたので、
これは納得の結果ではあるのですが。

ということで、
フィギュア星景写真難しい、ということが認識できたところまでとなりました。

ちなみにうさささんはレンズをぎりぎりまで絞ってフィギュアと星空の両方にピントを合わせつつ、
比較明合成を使っていわゆる「星グル」でのフィギュア星景写真を得意とされているようですが、
私はもろもろの事情により同じ手法は使えません。
基本的に一発撮りでいくしかなさそうな感じです。



さて後日。別の場所で再度チャレンジ。

前回学習した通り、
・一枚撮り
・Sequatorでの加算平均合成は使えない
・ライティングなしだと露出不足
・直射のライティングだと露出オーバー
という反省点を考慮してライティングを工夫しました。

DSC01005_R.jpg
α7s+Tokina FiRIN20mm F2.0  ISO3200 絞り開放 F2.0 SS15” カメラ内ノイズリダクションあり

結果がこちら。

フィギュアのほぼ全体に光が回ってだいぶ自然になりました。
左足に光が届いていないのが悔やまれますが、かなり上手にできたと言っていいでしょう。

前回はスタックを前提にノイズリダクションなしで撮影してしまったので、
その反省も生かして今回はカメラ内ノイズリダクションをかけておきました。
レンズの明るさとα7sの高感度性能に助けられて、なかなかいい仕上がりになったかと思います。

DSC01000_R.jpg
α7s+Tokina FiRIN20mm F2.0  ISO3200 絞り開放 F2.0 SS15” カメラ内ノイズリダクションあり

縦構図でも1枚。
みくずきんちゃんが冬の大三角の中におさまって、こちらもいい構図になりましたね。

冬の星座は玉ボケにしても形がはっきり出るのでこういう撮影も比較的簡単ですが、
夏になると天の川がメインになってくるので、ぼかしてしまうと何が写っているのだかわからなくなりそうです。

そうなると次は被写界深度合成が必要になってくるでしょうか。
星を相手にどこまで深度合成が有効かはやってみないとわかりませんが、
これからシーズンの始まる天の川でトライしてみようかと思います。

っていうかフィギュア増やそうかな・・・。


関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.