fc2ブログ
menu

「アカツキスカイライン」の作り方

写真にタイトルをつけるということをあまりしないAramisですこんばんわ。

今回は珍しく写真にタイトルがついたのでご紹介します。

「アカツキスカイライン」
DawnDrive1_R.jpg
夜明け直前の熱海市、伊豆スカイラインとライトの軌跡。
「暁ドライブ」とかも考えたのですが、単にドライブではなく伊豆スカイラインであることを残したかったのでこんなタイトルになりました。

というだけでは話が終わってしまうので、今回は少し解説を加えたいと思います。

こういう写真を撮ろうとするような人が見ればわかると思いますが、
まずこのライトの軌跡は自分で車を運転して描いたものです。
手前の道路の上下線と奥の道路の上下線、
合計4つの道路それぞれにこんな都合よく1台ずつ車が通ったりはしませんからね。
偶然を狙うよりも自分で運転して軌跡を描いたほうが早いです。

時刻は夜明け前の午前5時ごろ。
車通りはほとんどありません。
カメラをいい感じの場所に設置し、露出を長めに設定して連続撮影モードに。

撮影を開始したところで車を走らせます。
手前の道路を往復して、さらに奥に見える道路をぐるっと回り、帰ってくるまで約4分。
カメラをとめて撮影終了。

実際にライトが写った写真がこちらの4枚。
DSC03542_R.jpg


DSC03545_R.jpg


DSC03548_R_20190327000857136.jpg

DSC03549_R.jpg


自宅に帰ってからこれらの写真を比較明合成して出来上がり・・・
とはいきません。
夜明け直前の時間帯ですので、4分間の間に空はどんどん明るくなっていきます。

このまま比較明合成すると空が白飛びしてしまうのでここはPhotoshopのパワーを借りることにします。

車の軌跡が写っている写真だけをPhotoshopに読み込ませ、
空が白飛びしてしまっているカットの地上部分のみを範囲選択、選択範囲をレイヤーとして読み込みます。
一番空の暗いカットをベースにして、先ほどレイヤーとして読み込んだライトの軌跡が写っているカットを比較明合成で重ねます。
これにより空を適正露出にしつつ、ライトの軌跡を合成することに成功。

そうやって出来上がったTifファイルをあれこれいじり倒して出来上がったのがトップの写真です。

この写真に限らずどうやって撮ったの?と言われることがあるので、
たまにはこんな処理手順を見せてみるのもいいかな、と思った次第です。







関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.