fc2ブログ
menu

機材検討

主にレンズについて。

天体写真を撮っていると、やはり少しでも長い焦点距離のレンズまたは望遠鏡が欲しくなるもの。

今持っている望遠レンズは下記の2つ。
SIGMA 70-200mm F2.8 APO DG OS HSM
MINOLTA 300mm F4

SIGMAのはサードパーティ用とはいえ大三元レンズ。
F4くらいから周辺の星像が安定してくる優秀なレンズです。
ただ星団星雲を撮るのに200mmは短すぎる。
どちらかというと星座を撮るのに適したレンズと言ったほうがいいでしょう。

一方MINOLTAのも同じく一段絞ったF5.6で十分使い物になるレンズではあるのですが、
フォーカスリングがゆるゆる。むしろつるつると言ってもいいレベル。
また300mmという焦点距離は使ってみるとなんとなく中途半端な感じがします。
もちろん200mmと比べると寄れるのですが、その差はあまり大きくありません。
星団星雲を撮るにはもう少し焦点距離が長いほうがいい一方で、星座を撮るには狭すぎる。

フォーカスリングゆるゆる問題解決というだけであれば、
SIGMAの100-300 F4はとてもいい候補だと思います。
中古で8万以下くらいで手に入ります。
評価も悪くないようですし、ズームレンズのおかげで対象の導入が非常に楽です。
ただ300mmという焦点距離の中途半端さと70-200mmと大幅にかぶる焦点距離に二の足を踏んでしまいます。

ならばその上を考えればいいではないかという話になるのですが、
私の赤道儀TP-2の精度とα7Sの高感度性能をもってしても、おそらく400mmか頑張って450mmが限界。
そうするとBorg 90FLにレデューサー0.72をつけて360mmF4という選択肢が見えてきますが新品で買うと25万円。
絞らずに使えることも含めスペックを考えれば十分納得のお値段ではありますが、絶対額が大きすぎます。
SonyのSAL70400Gが20万円前後。
CANONのEF100-400mmF4.5-5.6L IIも20万円強。
カメラレンズにしろ望遠鏡にしろ、やはりこのクラスになると20万円以上の出費という感じです。

最近きちんと家計簿をつけて節約しているのもあり、
20万円はポンと出せる金額ではありません。

レンズ探しは難しいですね・・・。











関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.