fc2ブログ
menu

天体観測のついでに行きたい温泉 長野県茅野市 縄文の湯

原村の星まつりに参加した方は、どこでお風呂に入るのでしょうか。ペンションの中のお風呂という方もいらっしゃるでしょうが、星まつり会場から車で数分のところにある「もみの湯」に行かれるという方が多いと思います。

洗い場の数が20個ほど、内風呂もそれに応じた広さがあり、加えて露天風呂とサウナ・水風呂があります。さすがに土曜日の夕方ともなると洗い場の順番待ちになることもありますが、そもそもが広いお風呂ですので、それほど待つこともなく快適にお風呂を楽しむことができます。

ですがこのお風呂、個人的に少し困ったことがあります。それはお湯の温度が熱すぎるということ。シーズン問わず過去数年にわたり何度も訪れていますが、いつ行っても熱めの温度。計測したわけではありませんが露天風呂は45度近くあるのでは?という熱さ。夏場はもちろん冬場でも長湯していられないような熱さなのです。内風呂も露天ほどではないにせよやはり長湯できる温度ではありません。私はぬるめのお湯にのんびり浸かるのが好きなのですが、特に原村星まつりの開催時期は真夏ですのであまり熱いお湯に浸かるのもどうかと思います。

ということで近隣に別のお風呂はないかと探したところ、ありました。星まつり会場から車で10分ほどのところにある尖石温泉縄文の湯。



こちらは茅野市がいくつか運営している日帰り温泉の中の一つ。
規模はそれほど大きくはありませんが、建物も比較的新しいため快適に過ごすことができます。
洗い場の数は10個ほど。お風呂もそれほど大きくはありませんが、もみの湯と違って快適な温度設定。特に露天風呂は内風呂よりも若干低めの温度設定になっているため、のんびり浸かることができます。
露天風呂からの眺めも悪くなく、特にカラマツが黄葉する季節に訪れると黄色く染まったカラマツの葉と青空のコントラストを眺めながら温泉を楽しむことができます。

もみの湯の熱いお風呂がダメだという方、少しだけ車を走らせてこちらまで行ってみるのはいかがでしょう。




関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.