fc2ブログ
menu

ビクセンGP赤道儀等の売却

3年ほど前、妻の祖父が持っていたビクセンのGP赤道儀と鏡筒を譲ってもらいました。

もともとは妻の弟のために祖父が買ったもののようでしたが残念ながら彼はあまり天体に興味を示さず。
むしろ姉である妻のほうに多少その要素は残ったようで、
何かの折に祖父が天体望遠鏡を持っていることを私に教えてくれました。
使っていないなら、ということで譲ってもらいました。

鏡筒は口径103mm焦点距離1000mmのアクロマート。
長年倉庫で放置されていたのでカビだらけ。
赤道儀と三脚も錆だらけでしたが、とりあえずバルコニーに出して月や惑星を眺めるにはちょうど良いものでした。
友人を招いて観望会をやったりしてはいたのですが、最近はきちんとした望遠鏡を使って本気で天体撮影に取り組んでいることもあり出番がめっきり減っていました。

私にとっては天体写真の入り口を開き、
ここまでたどり着くことができたという意味で意義深いセットではありましたが、
その役目はきちんと終えたと判断し妻の了承を得て売却することにしました。

鏡筒・赤道儀・ファインダー・三脚全部で30000円ちょっとで売却しました。
きっと部品取りなんかに使われて、第三の人生を歩んでくれることでしょう。




関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.