fc2ブログ
menu

10月4日遠征記録 山梨県育樹祭記念広場

山梨県の育樹祭記念広場に行ってきました。
金曜日、月没は21時半、関東地方南部は一晩中晴れ予報。これは出かけないわけにはいきません。

西の空に沈んでいく細い月を楽しみながらドライブすること2時間弱。現地到着はちょうど月没時刻となる21時半でした。天候は予報通り雲一つない晴れ。すでに同業者と思しき方が数名いらしたほか、写真ではなく星を見に来た人たちもいらっしゃいました。

この日は途中1時間ほど雲が出たものの、概ねよく晴れてじっくり星を楽しむことができました。

次の日は午前中から地元で用事があったので、早めに片づけて現地で2時間ほど仮眠。普段であればしっかり睡眠を取って温泉にも入って一般道でのんびり帰るところですが、仕方なく高速道路に課金してとんぼ返り。土曜日午前の風物詩である中央道相模湖付近下り線の渋滞を尻目に上り線をかっ飛ばしてきたのだけは気持ちよかったなーと(ゲス顔

取り急ぎ処理した写真を数点。

DSC01308_R_20191005165122c97.jpg
いつもの自撮り。
Twitterの#天文なう に現地から投稿したものの現像版。
今回は撮影を開始する前に自撮りを済ませました。というのも、撮影中の鏡筒は必ずしも見栄えする方向には向いていないからです。少しでも早く露光を開始したいところですが、温度順応も必要だしー光害の影響もまだまだあるしーと考え直してさくっと撮影。

DSC09232_R.jpg
こちらは機材ポートレイト的な撮影風景。実はこちらも実際には天体の露光中ではなく、撮影終了後のフラットフレーム撮影前に急いで撮ったもの。フラット補正用のビニール袋とかかぶせちゃうとダサいですからね・・・。ちょっとの工夫で機材の全景をきれいに収めることができました。

20191005seq08_R.jpg
のぼるオリオン座。さすがに富士五湖周辺から東の低空は光害がきついですが、オリオン座はそれにも負けずの明るさ。この日オリオン座は撮影しませんでしたが、次の新月期あたりからはオリオン座周辺のシーズンも始まりそうです。

先週富士山五合目に行ったところで今月はもうチャンスないかと思っていたのですが、意外にも2週連続で星を見ることができました。五合目富士吉田口は標高2400mということでそれなりに冷え込みましたが、こちらはそこそこの標高で気温も15度前後と非常に快適な星見環境でした。遠征先でのおでんがおいしい季節になりましたなぁ。



関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.