fc2ブログ
menu

【買い物・食事編】小海星と自然のフェスタに参加してきた その2

小海星と自然のフェスタ2019、買ったものと食べたものをまとめてご紹介します。

光映社から出ている強力な光害カットフィルター VR3X-IIの77mm。
DSC_0650_R.jpg
光害カットというより特定の波長のみを選択的に通すフィルターといったほうがいいかもしれません。こういったバンドパスフィルターは48mmでも5桁から、カメラレンズ用の大口径ともなればかなりのお値段になることが多いですが、こちらのVR3X-IIの77mmは48mmサイズとあまり変わらないお値段で売られていました。フィルター径77mmのSEL70200GM+将来にわたって天体改造するつもりのないα7IIIで試してみようと思います。

DSC08327_R.jpg
MORE BLUEのアルカスイス120mmアリミゾ。赤道儀の赤緯側のアリミゾが短くて不安だったため大型のアリミゾに変更したいと以前から考えていました。ちょっとお安くなっていたのでお買い上げ。


DSC_0652_R.jpg
アストロストリート扱いのWilliam Opticsのビクセン・アルカスイスデュアルアリガタ。こちらも以前から欲しいと思っていたアイテム。普段の撮影はアルカスイスを使いつつ、AZ-GTiに載せて観望するときは逆向きにつければOKというのはかなり魅力的です。どの色にするか悩みましたが、今回は青をチョイス。好きな色は赤なのですが、赤ライトで照らしてしまうとわからなくなってしまうので・・・。

さて、ここからは天文はおろか写真にも関係ないものばかり。小海星フェスではこんなものも楽しめるんだねーという感じでご覧ください。
DSC02931_R.jpg
お茶碗を二つ。
実はAramis家にはごはん茶碗がひとつしかなく、3人のうち2人はスープボウルでごはんを食べていたのです。それで特段困っているわけでもなかったのですが、偶然見つけたこちらのブースで品のいいデザインのお茶碗を発見。持ってみるとびっくりするほど軽いうえ、なんと食器洗い機・電子レンジ対応とのこと。
DSC08305_R.jpg
もちろん近所のスーパーで買うよりは断然高いお値段ではありますが、壊れるまで何年でも使い続けるものを思い出とともに買うのなら値段など気にするものではありません。

きのこ
DSC02930_R.jpg
白麗茸という種類のキノコです。今年は天候の関係できのこ類が不作だったようで、この1種類だけが並んでいました。来年はもっとたくさんのキノコが並ぶといいなぁ。
DSC02928_R.jpg
ブロッコリー
リンゴ・レタス・キャベツ・白菜・ヤマゴボウなどお野菜が各種並んでいましたが、我が家の冷蔵庫の在庫状況から今回はブロッコリーを購入。いつものよりちょっとおいしいな、という感じ。ティー氏が喜んで食べていました。

DSC08275_R_201910282306437bb.jpg
手作りプリン。1個80円とは思えないおいしさでした。知り合いがみんな買ったようで、土曜の夕方には売り切れてしまいました。ちなみに最後の2つはSpitzchuさんとほしたろうさんでした。

プリンを食べながらブースのスタッフの方とお話をさせてもらいました。小海町の星空は住んでいる人にとっては当たりで星のことも何もわからないけれど、そのために来てくれる人がいるのはとてもうれしい、と。小海町で撮影した写真を見せたらすごく喜んでくれました。
「私なんか北斗七星とオリオン座しかわかんないわー」とおっしゃっていましたが、まぁ星に興味のない人ならそんなものかもしれませんね。出展者側もこのイベントを通じて少しでも星に興味を持ってくれればいいなぁと思ったりしました。

DSC08317_R.jpg
からあげ。昨年この唐揚げが売り出される前に帰ってしまい、その後唐揚げおいしかったという評判を各所から聞いて悔しい思いをしましたが、今年はばっちり揚げたてをいただきました。柔らかくてジューシーで、評判通りのおいしさでした。

DSC_0642_R.jpg
そしてホテルのカレー。これは外せません。
懇親会でいただいたカレーとはまた違うものでしたが、こちらはこちらでおいしくいただきました。

小海星フェスは会場となっているホテルが食事のブースを出してくれているため、おいしい食事を手軽にいただけるのは大きな特徴のひとつだと思います。今年はさらにキッチンカーも何台か出ていたので、いろいろとバリエーションを楽しむこともできたのではないでしょうか。私はプリンと唐揚げをおいしくいただけて、金曜日の懇親会に引き続きとても満足です。




関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.