fc2ブログ
menu

BORG 90FL+α7sで撮る胎児星雲・ハート星雲 @みずがき湖

先日のみずがき湖遠征で撮影した天体写真が一つ仕上がりました。胎児星雲・ハート星雲です。
Heart_SoulWOStar01_R.jpg
天体改造α7s+BORG 90FL+レデューサー+LPS-D1フィルタ
焦点距離360mm F4

ISO12800 30秒*218枚
総露出時間109分ほど

いつものように前回の作品と比較しましょう。
こちらは2018年10月下旬に天城高原にて撮影したものです。
IC1848_IC1805_Wstar.jpg
総露出時間は若干短い(93分)もののISO25600で撮影していたようです。感度の差が結果に響いたのか、前回のほうがいい出来のような気もします。みずがき湖での撮影では、ヒストグラムが中心より若干左側に来ていて迷ったのですが、やはり感度を1段上げるべきだったでしょうか。
一方背景のカラーバランスはよくなっているように見えます。今回の作品のほうが背景がニュートラルグレーに近い一方、前回のは少し青みがかってしまっていますね。

今回の撮影地となったみずがき湖ビジターセンターの駐車場からは南方向に街灯があり鏡筒の向きによっては直接影響がありそうだったので、フラット補正やカブリ補正がどうなるかと心配していましたが、特段のケアは不要でした。通常通り地上から空に向かって生じる若干のカブリ補正だけで済ませることができました。

これはまた次の機会にリトライする必要がありそうですが、クエスチョンマーク星雲や勾玉星雲など、今の望遠鏡で撮影してみたい対象はまだまだあります。次に撮影するのはまた来年になってしまうかもしれません。





関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.