fc2ブログ
menu

フィギュア星景写真 東方Project 霧雨魔理沙 アルジャーノンプロダクト

フィギュア星景写真のお時間です。

今回はこちら。


東方Projectからアルジャーノンプロダクトの霧雨魔理沙です。なぜこのフィギュアがあるのかというと。私このキャラ大好きなんですよ。数あるアニメ・ゲームキャラの中でいちばん好きです。そして魔理沙と言えば星。フィギュア星景写真というアイデアを知ったとき、まず最初に思い浮かんだのは「ぜひ魔理沙でフィギュア星景を撮りたい!」という想いでした。ただ残念ながら手元にある魔理沙フィギュアは箱を捨ててしまい運搬できず。今回新たにこちらのフィギュアを手に入れて撮影に持ち出してきました。

ではさっそく。
DSC09045_R.jpg

全然顔が写りません・・・・・・。
このフィギュア、作りが立体的で顔が奥まった場所にあるのです。フィギュアですから立体的なのは当たり前なのですが。空を見上げるような構図で撮ろうとするとフィギュア自体も下から見上げる構図になってしまうため、上に振り上げた足や大きなスカートで顔がほとんど見えなくなってしまいます。ちょっと考えればわかりそうなものですが、そこまで考えが至りませんでした。

仕方ないので顔を撮るのは諦めて背後から狙ってみましょう。
DSC09066_R.jpg
オリオン座を目指して飛んでいる感を出したかったのですが、なんか構図がずれてる気がします。

配置を見直してもう一度。
DSC09088_R.jpg
だいぶ良くなりましたが、この日はこれ以上あれこれ試す余裕がなかったためひとまず終了。

このフィギュアを星と一緒に撮るのであれば、きっちり絞ってスタートレイルで撮影するほうがよいのだろうということがわかりました。また、撮影以前の問題としてフィギュアを置くための台をきちんと考えないとフィギュアの高さ調整が難しいという初歩的なことにも気づきました。前回フィギュア星景写真を撮ったときはあまり意識しなかったのですが、この場所は適当なテーブルがなかったのです。
これはあれですかね、フィギュアを置くための三脚が生えるフラグですかね。

フィギュアは繊細な作りで野外で使うことを想定されていないことから扱いも慎重にならなければいけません。大きな箱に入っているため持ち出すのも結構大変だったりします。とはいえ継続して撮影しないといつまで経っても上達しませんし。フィギュア星景写真難しいなぁ・・・。
もうちょっと撮影の簡単そうな魔理沙のフィギュア買い足すか。


前回のフィギュア星景写真(マックスファクトリーみくずきん)の記事はこちら↓
α7s+Tokina FiRIN 20mm F2.0で撮るフィギュア星景写真



関連記事
スポンサーサイト



2Comments

There are no comments yet.

上杉蒼太

こちらでは初めまして。
魔理沙にはやっぱり星が似合いますよね。私個人としては河童に頼んで天体望遠鏡を作ってもらってよく眺めているイメージがあります。スペカにも「サングレーザー」があるぐらいなので、外の世界の本も読んで熱心に勉強していそうです。
また魔理沙と星の組み合わせの写真、楽しみにしています!

  • 2019/11/25 (Mon) 19:32
  • REPLY
Aramis

Aramis

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。そうなんです。魔理沙と言えば星!確かに河童に望遠鏡作ってもらってそうですね。
永夜抄の4面の星弾幕には苦労させられました・・・。
つい先日別の魔理沙フィギュアを買ってしまいました。そちらはもう少し被写界深度にやさしい造りになっているので、次はそれで試してみようと思っています。

  • 2019/11/25 (Mon) 23:37
  • REPLY