fc2ブログ
menu

【イルミネーション編】ケンコー・トキナーのトゥインクル・スターフィルターを使ってみる

ケンコー・トキナーのトゥインクル・スターフィルターを買いました。

夜景やイルミネーションを撮るときに点光源を十字状に拡散させるクロスフィルターです。従来のクロスフィルターでは光条が長く出すぎる場合があったのですが、このフィルターはそれが短めになるようにしたフィルターというものだそうです。これなら星景写真に使ってみるのもいいかな、と思い買ってみた次第です。レビュー記事というほどではありませんが手元に普通のクロスフィルターがあったので、星に使う前にまずはイルミネーションで比較してみようと思います。

撮影に使用したのはα7III+SEL85F18です。
以下ほぼ同じ構図でそれぞれ撮影していますが、1枚目がトゥインクル・スター、2枚目が従来のクロスフィルターです。

まずは普通にクリスマスツリーを撮ってみます。
DSC09390_R.jpg

DSC09391_R.jpg

けっこう違いますね。確かにトゥインクル・スターのほうが光条が抑えられているのがわかります。従来のクロスフィルターはツリーの外にまで光条が伸びています。ただ、どちらがいいかというとこれは好みの問題になりそうです。

続いては点光源だけで構成されたイルミネーション。
DSC09369_R.jpg

DSC09370_R.jpg
これは明らかにトゥインクル・スターのほうがいいと感じます。従来のクロスフィルターは光条が長くて画面全体のコントラストが落ちているようにも見えます。

ではすこし寄った作例も。
DSC09375_R.jpg

DSC09379_R.jpg
従来のクロスフィルターはわずかな光源も逃さずクロス効果が出せているのに対し、トゥインクル・スターはほどほどの効果になっています。これは良しあしというより好みの問題かもしれません。


寄りの作例をもうひとつ。
DSC09378_R_2019112418093387c.jpg

DSC09381_1_R.jpg

最後にボケの具合を見てみましょう。
クロスフィルターを使うと玉ボケの内側にクロスフィルターの線が網目状に入るのですが、このフィルターではどうでしょうか。
DSC09388_R.jpg

DSC09385_R_2019112418153723a.jpg

構図の違いでトゥインクル・スターのほうの線が目立たないようにも見えますが、画面の左上を拡大してみるとこんな感じ。

トゥインクル・スター
DSC09388_R-001.jpg

従来のクロスフィルター
DSC09385_R-001.jpg

網目状の玉ボケについてはあまり変わりがないようですね。

このトゥインクルスターフィルターは確かに光条が抑えられていて使いやすいと感じました。
今回は85mmという中望遠レンズを使ったこともあり、従来のフィルターでは光条が画面外まで出ていく派手な効果になった一方、トゥインクル・スターフィルターはそこそこに抑えられています。

望遠のほうが効果がわかりやすいだろうと85mmを使ってみたのですが、はたと気づきました。
スマホであればこういった光学的なフィルターを使わずとも、アプリでクロスフィルター効果を付加することが簡単に可能です。従い、スマホとかぶるような焦点距離のレンズにはこういったフィルターのニーズはなくなりつつある可能性があります。一方、まだスマホには搭載されていない中望遠以上のレンズでも自然に使えるクロスフィルターとして、効果を弱めたフィルターを開発したのかな、なんていう想像もしてみました。

機会をみつけて星座写真や星景写真で使ってみようと思います。

書きました。




関連記事
スポンサーサイト



2Comments

There are no comments yet.

UTO

効果はほどほどで良いなーと思いますが、回折に虹色がつかないのが、ちょっと残念ですね。

Aramis

Aramis

Re: タイトルなし

確かに回析は虹色にはならないですね。そこらへんはレンズの焦点距離によるところも大きいので、広角レンズの場合は従来のクロスフィルターでもいいんじゃないかなーなんて思います。

  • 2019/11/27 (Wed) 20:47
  • REPLY