fc2ブログ
menu

11月29日-12月1日 遠征記録 北茨木 南福島

11月29日から12月1日にかけて、2泊3日で遠征に出かけてきました。

関東地方の天気予報では日本海側の山あいから雲が流れてくる可能性があるうえ、太平洋側から前線も張り出している状況でなんとも読みづらい状況です。通常であれば長野か伊豆半島あたりへ行くところですが、どちらもあまりいい予報になっていません。
とはいえ30日金曜日の休暇は取得済み。これは移動に時間をかけてでも遠出をするべきかな、ということで2019年1月の遠征以来ほぼ1年ぶりに茨城・福島まで足を伸ばしてきました。
29日金曜日の行先は茨城の竜神峡というところ。天体写真が撮れるような場所なのかはよくわかりませんが、大きなつり橋と星を一緒に撮っている作品はちらほら見つかります。

残念ながら21時ごろから全天雲に覆われてしまい、2時間ほど待っても改善しなかったためあきらめて近所の道の駅で車中泊となりました。
だってこんな感じが2時間続いたんだもん。
DSC01830_R.jpg
気が向いたらタイムラプス動画も作ります。気が向いたらね。

あくる日。起きてみると素敵な景色が見られました。
DSC01857_R_201912020741212be.jpg

調べてみたらこの川は久慈川という名前だそうで、福島から茨城を流れる一級河川だそうです。道の駅のすぐそばにこんな景色があるなんてね。
この日は道の駅で秋そばフェアを開催していて、朝から温かい手打ちそばを頂くことができました。幸せ。


昼間は茨城の紅葉を楽しみつつさらに北上して福島県へ。
DSC01887_R.jpg

行先は2019年1月に訪れた鹿角平天文台。


このツイートをした20時ごろは薄雲が30分ごとに流れてくる残念なコンディション。タイムラプスはできても天体撮影は無理かと思っていたのですが、22時ごろには雲の襲来も止まり、安定した星空が広がりました。
ちなみにこの街灯は結局一晩中消えることはありませんでした。天体望遠鏡には直接光が当たらないよう車の影にいれましたが、結果に影響がないといいなぁ。

前回1月に訪れた時にはたくさんの人が天文台周辺で撮影をしていたのですが、この日は私ともうひとかたの2人だけが一晩通しての撮影で、安心して機材を放置することができました。その方といろいろと話をしながらの撮影となり楽しいひと時を過ごすことができました。ありがとうございます。気温もマイナス5度まで下がりましたが、話し相手がいると寒さも紛れていいですね。
とりあえず処理した1枚を載せておきます。
20191201_seq04_R.jpg


21時ごろから28時(4時)まで撮影を続けたところで寒さと眠気に耐えかねて撤収。天文薄明は5時なのでちょっともったいない気もしましたが、帰りのドライブに4時間かかることを考えると無理はできません。睡眠時間を少しでも長く確保しておく必要もあるでしょう。
結局寒さであまりきちんと寝られなかったのですが、なんとか自宅までたどり着いて遠征終了。初日は残念な空模様でしたが、2日目は天気にも恵まれて遠出した甲斐があった遠征となりました。

以下メモ
11月29日
In 三軒茶屋 三郷JCT経由 Out岩間IC
12月1日
In 石岡子美玉スマートIC 三郷JCT経由 Out用賀IC(休日割引)
走行距離558km
給油量42L
13.28km/L

燃費がいいのは高低差の小さいルートだったからかな。長野方面だと標高2000mくらいになることもありますが、福島鹿角平は標高700mなので高低差の小ささが燃費に効いてくるところなんでしょう。




関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.