fc2ブログ
menu

【再処理】BORG90FLで撮る勾玉星雲IC405 & IC410 & IC417

つい先日記事にした勾玉星雲及びその周辺ですが、やはりフラット補正が合っていないのは気持ちが悪いので再処理をかけました。

Twitterにあげた画像を簡易的にフラット補正してくださった人がいたのですが、それだけでもかなりのクオリティアップだったことも大きく影響しています。これは再処理するしかない。


とにかく問題はフラット補正です。前回はライトフレームを使ってフラットフレームを作りましたが、それでは全くフラットが合わず、仕方なくそのまま処理を続行した結果が先日の作品。ライトフレームを使ったフラット補正ならばズレることはない直感的には思うのですが実際にはそうでもないみたいです。

とはいえ何かの方法でフラット補正をするしかないわけで。物は試しと以前全く同じ光学系で撮影したフラットフレームの中から、ごみが乗っていなさそうなものをチョイスして試してみます。完璧に補正できなくとも、多少であればステライメージで補正することが可能です。
・・・ということで試してみた結果がこちら。

Magatama01WOstarLevel_R.jpg
・・・あれ?
普通にフラットが合っちゃった?

フラット補正後に多少のカブリ補正はかけましたが、フラットに関しては以前作ったフラットフレームでほぼ補正できてしまったようです。結局迷光の影響はなかったということなのか、それともフラットの不整合が目立たない程度に処理してしまったのか。
よーく見るとやはり四隅は若干浮いている感じがしますし、下のほうは若干緑にカブっているようにも見えますが、すくなくとも前回から比較してだいぶ改善したことは事実です。

こういうところで原因をきちんと掘り下げないあたりダメな感じがしますが、完成はしたのでOKということにしておきましょう。






関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.