fc2ブログ
menu

1月27日の遠征報告

1月の新月期です。
27日金曜日の夜が晴れそうだったので、いつもの通り山梨県の育樹祭記念広場まで遠征してきました。
が、広場の手前2kmほどのところから先が雪道になってしまっていました。
私の車はスタッドレスをはいていないため先に進めません。
緊急用にチェーンは携行しているのですが、わざわざそのためにチェーンを巻くというのも面倒です。

Uターンしようと手前の墓地に入ったのですが、引き返さずともそこで撮ればいいかと思い立ち撮影を始めることにしました。

入り口には9:00-4:00とだけ記載された看板がありました。
17時過ぎに着いたのですが入り口が閉鎖されている様子もなく普通に入っていけそうです。
駐車場という駐車場は特になく、中の道路に駐車してください的な案内がありました。
墓地の中心には管理事務所的な建物がありましたが、17時過ぎの時点で明かりは灯っておらずすでに無人の様子。

では撮影を始めるかーと思い機材を広げようとするも、空には一面の薄雲。
星は見えるけれど撮影にはとても。
ならばタイムラプスだということで、いつもの通りα6300にSamyang 12mm F2.0 NCS CSを装着してタイムラプスから撮影開始しました。

今回は前回の反省を生かしてNano Tracker TLを垂直方向に回すべく自由雲台を2台持っていきました。
おかげでまた違ったタイムラプスに仕上げることができました。
2K以上の解像度で見るのがおすすめ。


さて、星団星雲撮影のほうは別の記事に譲るとして、この墓地の印象を記しておきます。

・墓地の中心部まで入ってしまえば、空の開け具合は育樹祭記念広場よりもよい。
・北斜面のため、北側の見晴らしはよい。ただこの付近の北側は河口湖町の光害を拾うためそこまで有意義ではないかも。
・すぐそばを車道が通っているが、通るのは育樹祭記念広場に用のある人だけ。
・また、ちょっと奥まで入ってしまえば車通りは全く気にならない。
・トイレの有無は確認せず。たぶん管理事務所にあるけど施錠されていると思われる。
・ビンカンペットボトルと花用のごみ箱あり。

夕方5時半から25時ごろまで滞在していたけれど、見かけた車は2台だけでした。
Uターンで使ったと思われる車1台と同業者らしき車が1台。
ほとんど自分一人しかいない状態でした。
おかげで気兼ねなくアイドリングしたりライトを使ったりできました。

私自身は墓地が気味悪いとか全く感じない人なので、
そして多くの天体屋がおそらくそうであろうと思うので、
この墓地はそこそこ使えるかもしれません。

ただしそのまま車中泊してしまうと次の日の朝にはおそらく管理人的な人に注意されるので、
用が済んだら近くの道の駅富士吉田とかに行って車中泊したほうがいいと思います。





関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.