fc2ブログ
menu

7月19日遠征記録 ネオワイズ彗星を求めて

太陽に近づいて急激に明るくなったネオワイズ彗星。折しも2020年は記録的な梅雨空で関東はどこも悪天候。そんな中でもなんとか晴れの可能性がある予報となったため、彗星を狙って出かけてきました。
7月19日時点で彗星は北西方向に見えるようです。天気予報的に晴れそうなのは千葉か神奈川の南なのですが、どちらも北西方向は強烈な光害地。悩んだ末に千葉から東京方面を撮影するより三浦半島から鎌倉方面を撮影するほうが幾分かはマシだろうと判断して三浦半島へ。

今回の撮影地は荒崎公園。城ヶ島よりも北方向に開けていそうということで初めて行ってきました。明るいうちからロケハンしちゃうぞーなんて考えていたら、なんと駐車場が有料で19時半までとのこと。
DSC04767_R.jpg
幸い公園のすぐ手前に終日出入りOKかつ公園の駐車場よりもお安い民間駐車場があったので、ありがたく使わせていただきました。

公園内にはすでに何人か彗星狙いと思しき方もいらっしゃいましたが、幸い誰もいない場所を見つけることができました。海に突き出た岩の上。南から強い風が絶えず吹き付ける状況でした。
DSC04772_R.jpg

この日持ち込んだカメラは3台。
タイムラプス用としてα6400+SEL20F18G
星景写真・彗星探索用としてα7III+Tamron SP35mmF1.4
追尾撮影用としてα7s+SEL70200GM+ポラリエU
DSC07746_R.jpg

到着した時は遠くの低空に雲があるかなという程度で文句なしの快晴でした。これは期待できそうだとわくわくしながら準備を進めつつ、暗くなるのを待ちます。
木星が見え、アンタレスが見え、いて座が見え、そして北斗七星が見え始めてきたころから雲行きが怪しくなってきます。
それでも何とか35mmで北西方向を狙うと・・・
DSC07755_R.jpg
入った!!
DSC07755 - コピー
薄雲越しではありましたが、まさに彗星という感じの立派なテイルを捉えることができました。私にとってはこんな彗星らしい彗星を見る機会は初めてです。感無量です。

あわててポラリエUに載せた望遠レンズでも狙いますが、やはり雲越しの導入で手間取ります。70mmで何とか導入に成功。光害カットフィルターを付けて低空を取っているので激しく色カブリが出ていますが、この際無視しちゃいましょう。
DSC03031_R.jpg
105mmでは画角に入りきらない!なんていう話も聞いていたのでビビって70mmで撮ってしまいましたが、光害地であることをすっかり失念していました。これだけ明るい場所での撮影では長々とテールを描写できるわけもありません。普通に200mmで撮ればよかった・・・。

途中分厚い雲で木星すら見えなくなるシーンもありつつとにかくシャッターだけは切り続けましたが、結局最後まですっきりと晴れることはなく彗星の高度は下がっていってしまいました。

撤収するかーと思い背後を振り返ると、薄雲越しに天の川がぼんやり見えていたのでこちらも記念に撮影。
DSC07830_R.jpg
ホワイトバランスも何もあったものではありませんが、記念撮影ということで。

という感じで光害と雲に悩まされながらも、どうにかネオワイズ彗星の姿を収めることには成功した遠征となりました。彗星は今後は暗くなっていきますが、高度が上がって撮影条件としては改善していきます。彗星と星雲と一緒に撮るというのも機会があればチャレンジしてみたいものです。

In京浜川崎 Out三浦縦貫道林
In朝比奈 Out京浜川崎






関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.