fc2ブログ
menu

PCオーディオ 15年使ったBose Companion3を更新しよう

デスクトップPCのオーディオ環境を更新します。

この話の前提としてAramisのオーディオ属性をお断りしておくと・・・。

・学生のときに吹奏楽をやっていたので、聞く耳はそこそこある
・デスクトップPCでの作業が多いので、PCでそこそこ聞こえるオーディオ環境が欲しい
・でも所詮PCなので、マザーボードの出力は使わないかなー程度のゆるいこだわり
・とはいえ一式で数万円は出さないと「そこそこ聞こえる」にはならないと思ってる
・かといって独立したアンプとパッシブスピーカーを使うほどではない

という感じで一般的なオーディオ属性です。
そんな私が2005年ごろにBoseのCompanion3という2.1chスピーカーを手に入れました。41XH6JE3ZWLACX450.jpg
※画像はAmazonから拝借

サブウーファーはそれなりに大きいものの、ステレオスピーカーはディスプレイの下に入ってしまうほどの大きさで邪魔にならず、その割にとてもいい音を出してくれるスピーカーです。
DSC09170_R.jpg

BOSEですのでデフォルトだと低音はもりもり鳴るのですが、サブウーファーの出力を最低まで絞ることでちょうどいい音になってくれます。
音楽映像鑑賞ともにとても気に入っていて15年ほど使い続けてきたのですが、コントロールポッド(写真左のほうにある有線操作部)が非常に壊れやすく、数年もすると音量調整ができなくなるという問題を抱えていました。
とはいえ音量調整はPC側から可能だったのであまり気にせず使い続けて15年。最近になってついにコントロールポッドを触るだけでバリバリと壮大なノイズが出るようになってしまいました。さすがにこれでは使えないので意を決して更新を検討することに。もう15年も使ったし、さすがにいいよね、という気持ちと、スピーカー自体には問題がないのに操作部のために交換しなければいけないのはもったいないという気持ちが半々くらいの複雑な心境です。


さて、更新に際しての条件は
・セパレートスピーカー(やっぱり左右スピーカーは物理的に離さないと)
・予算数万円程度(逆に安すぎるのもイヤ)
・2.1chにはこの際こだわらない(2.1chのセット品にはもはやロクな選択肢がない)
・スピーカーの幅10センチ程度(デスクのサイズ的にこの程度が限界)
・ヘッドホン出力があり、ヘッドホンを挿せばスピーカの出力が止まる(深夜にも使うため)
・見た目が安っぽくない

この15年の間にデスクトップオーディオの環境は様変わりしています。2005年ごろはいわゆるアクティブスピーカーという商品は各社から予算に合わせていろいろ出ていたものです。たとえばSonyでも数千円から数万円まで豊富に選択肢が揃っていたのですが、2010年ごろからそういった商品はなくなっています。

ここ数年は一般的なオーディオ環境がスマホに集約されてしまったため、市場にあるのはBluetooth接続のものばかり。

そんな状況で2020年9月時点で市場に出ている新品のデスクトップスピーカーを物色すると、それでも候補はいくつか出てきます。
Companion 2 Series IIIやCompanion 20などのBose製品。


Creativeやヤマハのここらへんなど。

1万円程度が目安のようです。ここより上になると見た目もボックス型のいわゆるスピーカーとなり、ヘッドホン出力が省かれて本格的なものが多いイメージ。そんな中でCompanion20は音質に期待しちゃいたくなるお値段。聞きなれたBOSEの音なので安心して使えそうですが、問題は音量操作がコントロールポッドな点。レビューを見てもこいつの耐久性は相変わらず難ありの様子。Companion20のコントロールポッドは単売もされているとはいえ、見えてる地雷をわざわざ踏みに行くのもなー・・・

んー・・・。

・・・1万円くらいだしとりあえずってことでCompanion 2 Series IIIのほうをポチってみました。

長くなったので次回に続く。



関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.