fc2ブログ
menu

PCオーディオ Bose Companion 2 Series IIIは私に合わなかった

前回の記事はこちら。

15年使ったBose Companion3の更新のため、同じBoseのCompaion2 Series IIIを購入しました。

一般にBOSEのスピーカーはドンシャリ系と言われることも多く、特に低音の強さは苦手な人も多いかと思います。以下の記事でHIROPONさんも触れています。ちなみにHIROPONさんとはPCオーディオの環境や金銭感覚が似ているのか、私にはとても参考になる記事でした。


かく言う私も使っていたCompanion3では低音の出力を最低まで絞って(ウーファーの背面ダイヤルで調整可能)ちょうどいいくらいの感覚で使っていました。それでもPCデスクというニアフィールドで使うことを想定して作っていたからなのか、ボリュームを絞っても高音から低音までバランスよく鳴らしてくれていました。

ところが新しいスピーカーCompanion2 Series III、私の環境ではまったくダメでした。低音の輪郭が完全に溶けてしまって聞こえてきません。例えるならばメタルやハードロック系の16ビートのバスドラがビブラートのかかった全音符に聞こえてくるような感じ。指揮者時代*の私ならば「チューバ、アタック弱い!タンギングもっとキレキレで!!」とか言っちゃうレベル。
DSC09165_R.jpg
Amazonや価格.comなどのレビューでも指摘されているのである程度覚悟はしていたのですが、音質にそれほどこだわりのない**がぱっと聞いて「気持ちわるい」とダメ出しするレベルなので相当です。

このスピーカーはバスレフポート(低音の出る穴)が背面についている構造のため、壁の近くに配置すると背面から出る低音が壁に反射して輪郭を損なっているのではないかと思われます。実際背面に壁のないダイニングテーブルに移動させて試聴してみたところ低音の輪郭がはっきりしてバランスのいい音になったので、壁が背面すぐにある環境がよろしくないのでしょう。

実際愛用している方も普通にいらっしゃって、写真を見る限り多少なりとも背面側にスペースがある場所での設置のようです。


どうにか机上の環境で改善できないかとバスレフポートをティッシュで塞いでみたりイコライザ側で低音をできる限り抑えてみたりしたのですが、多少よくはなったものの気持ちよく聞ける音質にはほど遠いまま。残念ですがすぐに手放すことにしました。
DSC09200_R.jpg

上位機種のCompanion 20も基本的には同じ構造だしダメだろうなぁと途方に暮れていたのですが、Twitterでつぶやくとすぐにアドバイスが。天文界隈はオーディオまで強い人がいるからホント助かる。



で、けーたろさんから提案のあったPM0.3です。
前回の記事の条件のうち、ヘッドホン出力がないということで候補から外していたのですが、これに合わせる別売りのボリュームコントローラーにヘッドホン出力がついているのを発見。
さらに運よくこれを使っているhoshirokumanさんからアドバイスをいただきます。

トータルでも2万円程度に収まるということでスピーカーとボリュームコントローラをポチったところまで。

次回FOSTEX PM0.3H導入で完結なるか。

あれ、これHIROPONさんと同じようにプリメインアンプ買えばもともと持っていたBose Companion3のステレオスピーカーを鳴らせて、ウーファーを別途買えばいいのでは・・・?という想いがよぎったけどまぁいいや。

*Aramisは中学高校大学10年間吹奏楽部、大学では1年ほど指揮者もやっていました
**妻も同じく吹奏楽をやっていたので聞く耳はそれなりにあります

関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.