fc2ブログ
menu

10月12日遠征記録 曇りのち晴れの育樹祭記念広場

10月12日、久しぶりに遠征に出かけてきました。
 
先月9月の新月期の関東地方、休日はもちろん平日も悪天候が続き全く出かけることができずじまい。
今月こそはと意気込んでいたものの、相変わらずぐずついた天気が続いていました。これは休日を待っていると2か月連続星が見えないという事態になりかねない状況。
ということで平日ではありましたが何とか期待できそうな予報となった10月12日、ちょっと無理して遠征です。
とはいえあまり遠くには行けませんので通い慣れた育樹祭記念広場へ。

現地到着は21時ごろでしたが、到着時点で空は雲に覆われてかろうじて火星が見える程度。
これはさすがにダメかとも思いつつ、せっかく来たのでアウトドアだけでも楽しもうと食事をとりつつのんびり待ちます。
DSC03272_R.jpg

そのうちに雲がなくなり、23時ごろからは落ち着いた晴れが広がりました。
DSC02853_R.jpg

この日は5分露光で星が流れる問題を解決するために強化した鏡筒のチェックが主な目的。
これに関しては天体写真の作例とともにご紹介するつもりですが、強化前と比べてマシにはなったものの、やはり5分露光では若干星が流れるという微妙な結果。とはいえ気づくのは私自身だけだろという程度。あまり突き詰めすぎるのも疲れるのでほどほどにしておきましょう。

並行して星景写真も撮っておきます。
202010_seq05_R.jpg
月の出の瞬間と冬のダイヤモンドを合わせてみました。
右上の火星を構図から外しておくべきだった・・・

LEE No.3のソフトフィルターをレンズの後ろに仕込んであるので、冬の星座もしっかり形が見えてきます。対角魚眼レンズが楽しい季節がやってまいりましたね。


夕方まで雨が降っていたのか、水たまりができていたためこんな写真が撮れました。
202010_seq06_R.jpg
育樹祭記念広場は何度も通っている場所ですが、月齢や天気の状況によっては見たことのない景色に巡りあうこともあるんだなーと。そういえば雪景色は見たことがありませんが、今年の冬は見られるでしょうか。

そうこうしているうちに空は明るくなっていき、無事夜明けを迎えました。
DSC03844_R.jpg
COVID-19のせいで在宅勤務が中心の働き方となってしまっていますが、そのおかげで平日遠征のハードルが下がったのはちょっとうれしい状況です。
ただ、遠征の楽しみである徹夜明けの温泉に入れていないのは由々しき事態です。これは早急に改善していかなければいけません。かれこれ半年くらい温泉に入ってないよ・・・。



 
関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.