fc2ブログ
menu

11月22日 遠征記録 乙女湖 琴川ダム

安定した晴れが続いている2020年11月。
22日は月没22時ということで遠征チャンスです。この日夜遅くからは関東の南に雲がかかるという天気予報だったので北へ行きたいところ。今回は新たな撮影地として乙女湖・琴川ダムに行ってみることにしました。

場所や山梨県の北、かなり山深い場所です。勝沼ICを降りて一般道を40分ほどかかります。そのうち半分は山道となるのでアクセスはあまりよくありません。そのぶん空の暗さも一段上といったところ。普段よく訪れる富士山北麓の育樹祭記念広場と比べると・・・

東 乙女湖のほうがすこし暗い
西 乙女湖のほうが暗い
南 同じくらい
北 乙女湖のほうがだいぶ暗い

という印象です。

実際に機材を広げた場所はこちら。湖岸広場の駐車場です。北東が若干山になっているものの北極星は問題なく見える程度。東の低空はどちらにしろ明るいので高度が上がるまでは望遠鏡を向けることはありません。天体の撮影には全く問題ありませんでした。
ちなみにトイレはここの駐車場にはなく、さらに奥に行ったダム管理事務所に併設されています。営業時間外でもトイレは使えるように解放されているのでとても助かりました。


20時ごろに到着。とりあえず月明かりを使って撮影です。
DSC08417_R_20201123130735f7d.jpg

月没と同時に撮影開始。天気のほうは終始快晴、気温はゼロ度前後、風も穏やかで先週に引き続き素晴らしい一晩となりました。
撮影した天体写真については別の記事でご紹介するとして、現地の状況についてはこの日撮影した星景写真をご覧いただいたほうがわかりやすいでしょう。

南東の空に浮かぶ冬の大三角
202011_seq12_R.jpg
南東の低空はさすがにちょっと明るめですね。

ちょっと高度が上がってきて南南東方面
202011_seq14_1_R.jpg

同じく南南東方面
202011_seq15_R.jpg

北西方向はこのくらい。南と比較すると地上の光害も少し控えめな感じがします。
202011_seq13_R.jpg

オリオンが南中して真南方向。送電線があるのでどちらにしろ低空は厳しいですね。
DSC08576_R.jpg

わかりづらいですがオリオン座が沈む西の空。西側は稜線際までかなり暗い印象です。
202011_seq18_R.jpg

育樹祭記念広場のアクセスの良さを勘案するとどうしてもそちらに行きたくなってしまいますが、乙女湖は山奥に位置するだけあって空の暗さは一段上。天候によっては候補にしてもいいでしょう。ただし山道で左右に振られるので、荷物の固定はしっかり確認しておいたほうがいいと思います。



Osmo Actionで撮影した翌朝琴川ダムからの10倍速車載動画をアップしました。撮影機材を積んでなければもっと攻めたい。

動画の最後のほうでも出てきますが、この日は天空の湯に寄って帰ってきました。
こちらの温泉は以前も紹介したことがあるのですが、朝8時から営業していて甲府盆地を一望できるロケーションがおすすめポイント。露天風呂が西向きで午後になると日差しがきつくなってしまうので、午前中に訪れるのがおすすめ。

関連記事
スポンサーサイト



3Comments

There are no comments yet.

ぐらすのすち

詳細なレポありがとうございます!
トイレも温かいとはなんともありがたいですね。

  • 2020/11/23 (Mon) 23:22
  • REPLY

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2020/11/28 (Sat) 10:20
  • REPLY
Aramis

Aramis

Re: おぉぉ乙女湖だぁ。。。

乙女湖からの帰りに温泉に寄るなら天空の湯一択ですよね。
途中山道を抜けてからフルーツラインの景色も、東からの日差しに照らされてすごくいいですし。

山荘とは金峰山荘のことでしょうか。
あそこの駐車場が開けているなら、機材を展開して山荘からリモート撮影というのはかなり魅力的ですね。
確かに南天は若干明るいかなという気もしますが、山梨県の富士五湖周辺と比べてもそれほど差はないかなという印象です。
実際馬頭星雲を処理してみましたが、それほど派手なカブリ補正はせずに済んでいます。

季節や天候によってはきっと再訪することになると思います。
その際はぜひよろしくお願いいたします。

  • 2020/11/29 (Sun) 16:52
  • REPLY