fc2ブログ
menu

天体観測のついでに行きたい温泉 静岡県 駒の湯荘

天体観測のついでに行きたい温泉、久しぶりの更新です。

今回は関東南部のメジャースポットである天城高原での天体観測後に立ち寄れる温泉として、伊豆の国市にある駒の湯荘をご紹介します。
DSC_0556_R.jpg


天城高原からだと車で1時間程度。現地を9時ごろ出発すれば10時の営業開始に時間になるという感じなので、星見を楽しんでそのまま車内で仮眠すればちょうどいい時間になりますね。

この温泉の特徴は何といってもぬる湯。源泉の温度は35度から37度程度だそうで、入ってみると体温よりちょっとあったかいかな?という程度。冬場の冷えた体にはちょうどいいですが、しばらく入っていると冷たく感じるほど。逆に夏場だといい感じに長湯できるのかもしれません。もちろん適温(40度前後)の浴槽も用意されていますので、しっかりあたたまりたい方はそちらを使ってもらえればOKです。

こちらの温泉、露天風呂も併設しているのですが珍しいのは内風呂と完全に分離されている点。内風呂ー露天風呂間の行き来の際には一度服を着なければいけません。私が訪れた時、内風呂は5人ほどのお客さんがいたのですが、露天のほうは誰も入っておらず貸し切り状態でした。

男性用の露天風呂は森の斜面に作られているのも大きな特徴です。単に森の中にある露天風呂ならばよくあるのですが、平坦な場所だと目に入るのは目隠しの柵ばかり。こちらは斜面を利用して作られているため、上のほうに設置されている浴槽に浸かると眼下に下段の浴槽を見つつ、眼前には森が広がります。これが意外に新鮮な眺めとなり、ぬるめの温泉と相まってついつい長湯してしまいます。
ただし露天風呂の脱衣所も屋外にあるため、お風呂から上がって着替えているうちに体が冷えてしまいます。こちらの駒の湯荘、先に露天風呂に入ってから内湯に入るという順番で攻略するとよいのかもしれません。

駒の湯荘、ぬるめのお湯が好きな方におすすめの温泉でした。


関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.