fc2ブログ
menu

プレマシーを5年半Anycaでシェアした最終収支を計算してみた

2015年11月に初めてマイカーを購入しました。都市部に暮らす限りマイカーなんて不要だと思っていたのですが、天体撮影をするのにどうしても必要で仕方なく。
202104_seq07_R.jpg
初度登録2008年、走行距離4.6万キロのプレマシー。購入時点で7年落ちの割には走行距離は少なめ。
購入時の金額は車両本体価格69万+諸費用16万円の計85万円でした。
DSC08062_R.jpg

基本的に天体撮影にしか使わないので満月期にはAnycaでカーシェアに出して維持費の足しにしてきましたが、2021年5月にプレマシーを手放すことになったのでこれまでの5年半の実績をまとめておきます。

シェア回数

2016年1月から本格的にシェアを始めて、シェア回数 150回くらい(レビュー件数141件+レビューを書いてもらえなかったシェア数回)という結果でした。ちょうどAnycaのサービス開始とプレマシー購入の時期が重なったこともあり、私の住む地域でのシェア回数ではかなり上位に入っているようです。
202104_seq04_R_20210516235436ce0.jpg

シェア金額

この5年半でシェア代金として受け取った金額は下記の通り。
2016年    96,970円
2017年  128,160円
2018年  158,655円
2019年  133,685円
2020年  197,770円
2021年    71,540円(1月から5月まで)

5年半で合計786,780円となりました。
DSC00837_R.jpg



走行距離

2021年5月時点のメーターは13.1万キロでしたのでこの5年半で8.5万キロ、年平均1.5万キロほど走った計算になります。もともとリセールに期待できる車ではないので走行距離は気にしていなかったこともあり、カーシェアでも気兼ねなく使ってもらうことができました。これまでエンジンに問題が発生したことはなく、ゴム系部品の劣化交換のみで済んでいるのは一度に長距離を走ることがほとんどだからでしょう。
DSC00084_R_20210110202800ee1.jpg

修理

5年半の間にドライバーがぶつけてきて修理となったことが8回ほどあったでしょうか。だいたい1年間に1回か2回くらいはぶつけられるなーという感じです。1回を除いて皆さん真摯に対応いただいているのでその点はドライバーに恵まれているかなと思います。その1回も裁判所に訴えて追い詰めたしな!
幸いにして事故歴がつく(=車両のフレームや駆動系にダメージが及ぶ)ような修理にはならず、フロントバンパー交換、左サイド前後ドア交換、リアバンパー交換(2回)、その他細かい擦り傷で済んだため、結果的には購入時よりもキレイになっているというのはAnycaのおもしろいところです。
もちろん場合によっては事故車にされてしまう可能性もありますので、個人間カーシェアに出す場合は覚悟しておく必要はありますね。
DSC00360_R.jpg

収支

5年半のシェア代金が78万円以上となり、購入時の本体価格69万円を上回る額となりました。車両代は実質タダと言ってよいでしょう。もちろん維持費として毎年20万円の駐車場代、4万円の自動車税、5万円の任意保険料、20万円程度の整備費用(車検含む)が発生しているので「儲かった」という感覚はまったく持てず、「車ってめっちゃお金かかるなー」という感覚しかありません。車両本体以外の維持費が5年間で200万以上かかっているわけですから、お金を節約したければ車を持たずに済ませたほうがいいというのは紛れもない真実です。
とはいえ車がないと(そして車を置いておける駐車場がないと)ほぼ成り立たない天体観測という趣味に手を出してしまった以上、このコストは必要経費として受け入れるしかありません。
202012_seq04_01_R.jpg


車を保有するメリット

お金の話だけをするなら「都市部に住んでて車なんか持つのは情弱の極みプププー」と言われるところだと思います。が、マイカーを保有することのメリットにも触れておきましょう。
レンタカーであれば以前から時折使っていましたが、それは単に荷物の運搬と移動の手段以上のものではありませんでした。自分の車を持つことでその意識が変わり、運転それ自体が楽しいという感覚を初めて知ることができました。もはやこれは単に楽しさの問題です。星見という趣味とはまた別の趣味としてのマイカー保有と車の運転。逆にそれに楽しさを見いだせないなら車を保有する意味は薄いかもしれませんね。
もちろん運転だけではありません。安心して車中泊できるというのも大切なポイントです。他人から借りた車ではやはり安心して車中泊、とはいかない気がします。快晴の空の下で徹夜の星見・撮影を終えて眠い値をこすりながら機材を片付け、白んでくる空を窓越しに眺めながら、車の荷室に広げた寝袋に包まるあのひと時。あの時の安心感と満足感は、安心して寝られる自分の車であってこそ楽しめるものだろうと思っています。

カーシェアのおかげで車両代実質無料、ということを考えると本当によく走ってくれる車だったというほかありません。この車のおかげで数えきれないほどの星を見ることができ、たくさんの天文仲間と知り合うことができ、数多くの作品を残すことができました。もちろん家族を乗せていろんなところに出かけることもできました。
大げさでなく、この車のおかげで人生が豊かになったと言ってよいと思います。
ありがとう、プレマシー。新しいオーナーのもとでも元気に走るんだよ。
202011_seq05_R.jpg





関連記事
スポンサーサイト



2Comments

There are no comments yet.

いわた

さん

確定申告はしてましたか?またその際、経費計上はされていましたか?

  • 2022/01/09 (Sun) 14:54
  • REPLY
Aramis

Aramis

Re: さん

年間20万円以下の売り上げですので確定申告はしていません。

  • 2022/01/09 (Sun) 18:15
  • REPLY