fc2ブログ
menu

フォレスタースポーツで行く初めての星見

6月にフォレスタースポーツが納車されてから1か月が経過しました。走行距離も1000kmを超えてきて車も人も慣らし運転が終わりつつあります。梅雨の最中ではありますが晴れ間もありそうな予報となったので本格的な星見に出かけることにします。行った先でも曇っているならむしろ息子ティー氏(7歳)の相手をする余裕もあるだろうという目論見で、彼も連れて行ってあげることにします。

行き先は天城高原。
DSC08939_R.jpg
伊豆スカイラインで改めてフォレスタースポーツの運動性能を確認しましたが、すごいですねこの車。
前車プレマシーもそこそこよく走る車だと思っていましたが、フォレスタースポーツはさすがターボ車です。それほど踏み込まなくてもトルクがしっかり出て急坂も痛痒なくガンガン登っていきます。
DSC08959_R.jpg
コーナリングもAWDならではという感じでぐいぐい曲がっていきます。プレマシーはアンダーステアが出てアクセルを緩めざるを得なかったコーナーでも、フォレスターではそんなことなくキレイに旋回していきます。DSC08961_R.jpg
背の高いSUVですが、ロール角はむしろプレマシーより少ないのではないかというくらい。まだ1000km程度しか走らせていませんが、思った通りの加減速とコーナリングで安定感と安心感を持って走らせることができる車です。

伊豆スカイラインでの運転をじっくり堪能して到着です。
DSC08962_R.jpg

設営は済ませたものの、空は雲量6といったところで撮影には程遠い状況。
DSC08968_R.jpg

天気予報からこの状況は予想していたので、のんびり構えることに。
その間に連れてきたティー氏に宿題をやらせたり食事をとらせたりする時間が確保できたので助かりました。その後彼にはSamyang 12mm F2.0を装着したα6400を与えて好きに撮らせます。
DSC08971_R.jpg
飛行機の軌跡を「流れ星だ!」と喜んでいたのでそれは違うよと訂正しておきました。以下2枚ティー氏の撮って出し。
DSC09132_R.jpg

自分ではなかなか撮れないこども目線の1枚。けっこういい味出てます。
DSC09131_R_202107122326140f4.jpg

空のほうは相変わらず雲量7から8程度。雲間からは星も見えるのですが、撮影には程遠い状況が続きます。
DSC00893_R.jpg
すっきり晴れたのは24時ごろだったでしょうか。

では早速撮影を・・・と思って赤道儀を稼働させ始めたのですがここでトラブル発生。ASIAIR Proと赤道儀RST-135がうまく通信できていません。いくらRST-135を動かしても、ASIAIR側に表示される自己位置がRA DECともゼロのまま。これでは自動導入が動きません。ASIAIRアプリは頻繁にアップデートがかかりますが、こういうことが起こり得るリスクとは背中合わせですね。
幸いガイドや撮像などは問題なく動いたので、M8 M20あたりを完全手動導入して露光開始です。トラブルのおかげで1時間しか露光時間を確保できませんでしたが、形になるでしょうか。
こういう時にサブで持ってきているSWAT-350は心強いです。電源さえ確保できれば絶対に動くという安心感。焦点距離を欲張らなければ、適当に天の川に向けておくだけで何か撮れてます。
DSC09030_R.jpg

一足先に就寝してしまったティー氏でしたが、寝袋が暑かったのか夜中に目覚めました。晴れてるよと言って再びカメラを与えます。肉眼でも天の川やさそり座を確認できていたようで、ばっちり撮影してくれました。以下2枚ティー氏の撮って出し。
DSC09466_R.jpg

意外としっかり構図ができているのがびっくりです。早くもアンドロメダ銀河が見える季節になりました。
DSC09473_R.jpg
その後ティー氏は撮影にも飽きてぼんやり空を眺めていたのですが、流れ星が見えた!と喜んでいました。すぐ消えたと言っていたので流れ星だったのでしょう。

その間、私は私でこれを撮ってました。納車から1か月、やっと撮れた!!
202107_seq02_R.jpg

この写真がステルヴィオだったら、CX-8だったら、と考えないでもないですが、やっぱり星見ならこの車が一番似合っていると思います。
202107_seq06_R.jpg

3時の薄明開始までしっかり晴れ渡り、短い時間ではありましたが2か月ぶりの星を楽しむことができました。
明け方になってから2時間ほどの睡眠を確保しましたが、寄り道しながらの帰路だったので自宅までは持たず。途中のSAで仮眠を取りつつ無事帰宅となりました。
DSC09237_R.jpg

DSC09235_R_2021071221471749a.jpg

天気と赤道儀の不調で一晩中ばっちりとはいきませんでしたが、フォレスタースポーツでの初めての星見を楽しむことができました。ティー氏にとっても実りの多い遠征になったことでしょう。


走行距離 308km
給油量 25.8L
燃費 11.93km/L
スバルのAWDだとこんなものですかね。燃費を気にして走る車ではありません。



関連記事
スポンサーサイト



2Comments

There are no comments yet.

カメラde遊ing

フォレスターという車

間違えて右のメールフォームに書いちゃいました(^^;)
いい車ですよね。
自分は昨年わざわざ古いフォレスターのクロススポーツ(TA-SG5)を買い求めました。
以前に乗っていて、サスペンションの設定、エンジン出力やギヤ比との関係などが自分にはとても合っていて忘れられない車だったからです。
今は各社からスポーツドライブを意識したラインナップが出ていますが、ノーマル車から乗り換えるとこんなにも違うものなのかと驚きますよね。
いい思い出が一杯作れるといいですね♪

  • 2021/07/14 (Wed) 08:35
  • REPLY
Aramis

Aramis

Re: フォレスターという車

プレマシーからの買い替えの一番の理由だったロングドライブでの体への負担も軽減されて、
星見のお出かけも捗ってしまいそうです。

フォレスターは世代ごと、場合によってはモデルごとにファンがいるようですね。
近所にもSGやSH系が置かれているのを時折見かけます。
とはいえSG系を買い戻すとは本当にいい車だったのですね。
意味不明な自動車税の重課に負けずがんばってください!

  • 2021/07/16 (Fri) 00:03
  • REPLY