fc2ブログ
menu

8月10日遠征記録 曇り空の育樹祭記念広場

8月の新月期、秋雨前線の停滞で全国的に悪天候の予報。
どうにか晴れ間がありそうなのがこの日だけになりそうだったので出かけてきました。

天城高原に行くか育樹祭記念広場に行くか迷いましたが、この日は息子ティー氏を連れて行くので育樹祭記念広場に。山梨でおいしいブドウが出回り始める時期ということも理由のひとつだったりします。

現地着は19時ごろ。

快晴の空の下で準備を始めたものの・・・
DSC08226_R.jpg

準備が終わって空を見上げると曇り空。
DSC08588_R.jpg

西から雲が流れてきているようです。この雲から逃れるには南へ、それこそ伊豆半島まで行く必要がありそうですが、機材も広げてしまったのでぐっとこらえて晴れを待ちます。
とはいえ一時は木星だけがかろうじて見えるかなというくらいの悪天候。心が折れそうになります。
DSC01785_R.jpg

結局晴れてきたのは日付が変わって1時ごろ。すでに天の川は西に傾き始めています。
DSC08749_R.jpg
その後も薄雲がかかりつつ何とか2時間ほど露光できましたが、形になるでしょうか。

世間はお盆休みなのか、ひっきりなしに車が出入りします。私のような天文ガチ勢はいないようですが、そうでもない普通の人が出たり入ったり。
DSC08452_R.jpg
入り口と駐車場の構造的に仕方ないとはいえ、この日はかなりひどかったです。
DSC02016_R.jpg

駐車場と機材の設置場所が離れているため、子供を遊ばせておくには安全でよい場所なのですが、人が多そうな日はここに来てはいけませんね。お気に入りの場所ですが次回からは少し考えたほうがよさそうです。

時刻はまわって明け方2時ごろ。だいぶ安定して晴れてきました。東の空には冬の星座たちがのぼり始めます。プレアデス星団とヒアデス星団。8月の暑い時期、明け方にこれを見るのはもはや年中行事となっています。天文界隈ならではの季節感です。
202108_seq02_R.jpg

そして3時。薄明開始まであと30分という時間帯には、オリオン座が見えてきます。
202108_seq01_R.jpg
ベテルギウスは今日も元気に光り輝いていました。

ところでこの日はペルセウス座流星群の極大日に近かったので、ティー氏には地面に寝て流れ星を探してごらんと言っておきました。が、21時ごろには地面に横たわったまま寝てました。

時々連れてくるけど君いつも9時に寝るよね?どうしてかな?

もちろんあくる日ティー氏は元気に6時に起きました。私?私は撤収後の5時就寝ですよ?
8時まで寝かせてくれ、とお願いして放置します。幸いパンを食べたり広場の中を一人で散策したりしてヒマつぶしをしてくれたようで、なんとか睡眠時間を確保。
しかしこのパターンいつもだな・・・
DSC_8906_R.jpg

桃と
DSC_8911_R.jpg

マスカットを買って
DSC_8912_R_2021081412022551b.jpg

無事帰宅となりました。

天気のほうは残念でしたが、この時期ならではのおいしい果物を手に入れることができたので満足です。

走行距離 237.5km
給油量 20.8L
燃費 11.4km/L

スバルのAWDで燃費を気にしてはいけない。


関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.