fc2ブログ
menu

「フォレスタースポーツの積載性能をチェックする」動画を妻と一緒に作る

2021年6月に手に入れたフォレスタースポーツ。すでに何度もこの車で星見に出かけていますが、ちょっとしたレビューができる程度には慣れてきました。
今回は、この車の積載性能を天体写真家目線で評価してみようということで動画を作りました。


詳しくは動画をご覧いただければと思いますが、大型の望遠鏡とそれを支える赤道儀(FRA600とRST-135)及びカメラレンズと小型の赤道儀の計2セット、固定撮影用のカメラ数台と防寒着などを加えた機材を積み、かつ車中泊スペースを確保するとなるとちょうどいい積載性、と言えるのではないでしょうか。そしてこれだけ積んでも山道を痛痒なく登っていけるパワーはSK型フォレスターの中で唯一1.8Lターボを積んだ「スポーツ」グレード一番の魅力です。また、動画内でも触れている通りサブトランクの大きさも駆動用バッテリーを持たない純ガソリンエンジンである「スポーツ」グレードの特徴です。

ところでこの動画を製作するにあたり、妻に全面協力をいただきました。いつもある程度完成したところで初見の感想を兼ねて妻に見てもらうのですが、今回はそのタイミングでいくつも改善点を指摘されました。

・オープニングに天体写真とその撮影風景を見せると「天体写真家」であることがわかりやすくなるのでは?
・積んでいくアイテムすべてにきちんと字幕をつけたほうがよい。水も。
・説明系の動画なのだからアイテムごとに「ピンポーン」の音とか入れてみては?
・動画の最初にダイジェストが入るのは好きじゃないので消してほしい
・積み込み開始と終了のタイミングでわかりやすい表示があるとよい
・余裕あるように見えるけど実際は車中泊スペースの確保を考慮している、ということを字幕でも伝えたほうがよい
などなど。さらに字幕のフォントの揺らぎチェック等もしてもらいながら仕上げました。ありがたや。

次は「実際に天文機材を積んだまま車中泊してみた」の動画を作ろうかと思っていますが、問題は星見で徹夜したあとに車中泊動画なんて眠くて撮っていられないという点。実はこの動画も、星見に出かけたものの完全に曇ってしまった次の日でやる気を持て余していた時に撮影したもの。

星見に出かけても天気がわるいときは人気のない場所でこういった動画を撮影できますし、天気が良ければ星関係のネタが捗ります。「実際に天文機材を積んだまま車中泊してみた」の動画も早めに作りたいところです。





関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.