fc2ブログ
menu

乙女湖 琴川ダム 遠征動画

10月29日-30日で乙女湖・琴川ダムへ星見に行ってきました。

星見から帰ってくるといつもは遠征記録をブログに書くのですが、今回は動画を先に作りました。
帰宅してから1日で動画ができるなんて初めてですが、いくつか理由があります。

1.曇ってしまって天体写真の素材はほとんど撮れなかった
晴れた星見遠征であれば帰宅後は天体写真の下処理から手を付けるところですが、この日は天体写真の素材はまったく撮れず。おかげで動画から着手することができました。

2.タイムラプス素材の処理が簡単だった
晴れた星見遠征であれば、タイムラプス素材はいちどSequatorにかけてノイズ処理を行ってから素材化するためそこそこ時間がかかります。RAW画像をTiff化→TiffをSequatorで加算平均合成→現像という手順を踏みますが、特にSequatorでは数百枚の画像をタイムラプス用に逐次処理していくので、2時間分480枚の処理をするのに軽く1時間以上かかったりします。
今回のように空に雲があればSequatorは使えませんので、RAW画像をそのまま現像に回せるので処理もすぐに終わります。

3.BGMに課金したことで選ぶのが楽になった
最近Artlistに課金しました。おかげでクオリティの高いBGMを簡単に見つけることができるようになりBGM選びの時間が激減しました。映像が多少残念でもいいBGMをつけるとそれなりに見える(気がする)。BGMすげぇ。


ということで今回の見どころをご紹介。
中央道のハイパーラプス。今回は字幕の入れかたにも少しこだわってみました。
20211031_02.jpg


雲間に覗くオリオン座。
DSC04408_R.jpg

動画内ではコメントしていませんが、このカットでは途中から月の光が入ってきます。
よく見ると月が出てきたところで空の色が青くなります。そして直射月光がが届き始めたところで地上が明るく照らされます。
DSC00134_R.jpg
こういうシーンは夜の間に月が上らないと撮れないシーンなので貴重だったりします。

そして温泉。
夜のシーンばかり見慣れていると「月夜に撮ったのかな?」と脳がバグりますが普通に昼間に撮っています。このシーンは私が温泉に入っている間、車内にカメラを放置して撮影しました。
DSC00752_R.jpg

以前であればこのくらい作るのに数日かかっていたところですが、さすがに数を重ねて慣れてきたのか半日程度で完成させることができました。次もがんばろう。

関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.