fc2ブログ
menu

11月13日遠征記録 小海星と自然のフェスタ

小海町で開催された星と自然のフェスタに参加してきました。
今回は
・Twitter上の知り合いにリアルで挨拶する
・息子ティー氏と寒い中で車中泊をする
をメインの目的としていたため星の写真はおろか、詳細なレポートもありません。
そこらへんは天リフさんをはじめ参加された皆様の動画やブログなどで紹介されるでしょう。



前日の夜、私は別の場所でひとり星見をしていたためティー氏は中間地点の駅まで妻が送ってくれました。私のわがままと息子ティー氏の要望をいっぺんに叶えてくれる妻には頭が上がりません。いつもありがとう。

お昼過ぎにティー氏を途中駅で引き取り、現地到着は18時ごろ。すでに暗くなってしまいましたがまずは屋台で軽く食事。その後M-neoさんのテントへお邪魔しておでんをいただきます。
DSC_9152_R.jpg

その後は知り合いとご挨拶&歓談タイムだったのですが、ティー氏が眠そうにしていたので私も一緒に寝てしまうことに。前日の星見で睡眠時間が足りていなかったのでこちらとしても都合がよかったという感じです。

天気が曇りがちとなったためか冷え込みも穏やかで、明け方の気温も0度前後で落ち着いていたようです。おかげで寒さに目覚めてしまうこともなくティー氏ともどもしっかり睡眠時間を確保することができました。事前に「死ぬほど寒いぞ」と言いながら防寒装備を整えさせたこともあり、ティー氏も暖かく眠れていたようです。
ちなみにフォレスターに天文機材を満載した状態でもティー氏が小さいうちなら2人分のフラットフロアを確保することができたのは収穫でした。
DSC_9155_R.jpg
左側がティー氏のベッド。手前に天体望遠鏡があるので 身長150㎝くらいが限度でしょうか。

あくる日は朝風呂からスタート。
偶然天リフの山口さんほか5名ほどの知り合いとご一緒することとなり、みんなで露天風呂を占拠して気持ちのいい朝日を拝むことができました。

ティー氏には「パパはお友達たくさんだね!」と言われましたが、そうなの。パパこういう時だけはお友達多いの。

その後改めてM-neoさんのテントにお邪魔して24時間以上煮込まれたおでんをいただきました。すごくおいしい。しかも残りの汁で雑炊まで作っていただきました。めっちゃおいしい。
彼にはお会いするたびお世話になりっぱなしです。本当にありがとうございます。私にできるお礼が何もなさそうなのでマジでどうしましょう。

その後改めて各ブースを見て回り、あれこれ物色。

ティー氏は望遠鏡を覗いています。
DSC_9158_R.jpg

その後彼は恒星社厚生閣ブースで小惑星の本を購入。
DSC_9156_R.jpg


さっそく楽しく読んでいるようで何よりです。
DSC_9178_R.jpg

サイトロンブースでは偶然Samさんとお話しすることができ、彼の勧めもあってComet Bandpass Filterを購入。Samさんが常用してるってお店の目の前で直接聞いたらそりゃ買うでしょ。

今回初めてお会いしたという方も多かったのですが、普段からTwitterで会話をしている人が多かったこともあり、初めまして感もなく話をすることができました。2度目3度目の方には顔も覚えてもらえていたようでありがたい限りです。天文民は普段暗闇で会うばかりなので顔を見られる機会は貴重なのですよ。

お名前を列記すると抜け漏れがありそうなのでやめておきますが、暖かいテントとおいしいおでんを用意してくださったM-neoさんをはじめ、ティー氏の支離滅裂な会話に付き合ってくださった皆様には改めてお礼をお伝えしたいと思います。ありがとうございました。

そのほか「Aramisさんのブログを読んでFRA600を買いました!」と声をかけてくださった方がいらっしゃいました。FRA600のケースと白いフォレスターで特定してくださったそうな。ロクなレビュー記事も書いていないのにいいんだろうかと不安になりますが、サイトロンジャパンの方にこの話をしたところ、その方の作品を見たとのことで「よく撮れてました!」と言っていたので大丈夫なのでしょう。

その後ティー氏の「川と滝が見たい!」という希望で八岳の滝を見に行ってから帰宅しました。
DSC09386_R_202111142047592a2.jpg

DSC09407_R.jpg



昨年は開催できなかったため2年ぶりの開催となりましたが、やっぱりリアルにそして昼間に開催されるイベントはいいですね。普段は会えない人とも会うことができますし、顔を見ながら話も弾みます。何より星を通じて星以外の話で盛り上がれるのは楽しいですしね。
コロナの影響で先行き不透明な中、これだけの規模のイベントの開催にこぎつけるまでたくさんの苦労があったことと思いますがいち参加者としてとても有意義な時間を過ごすことができました。

あー楽しかった。


走行距離 533.9km
給油量 40.91L
13.05km/L
前日の乙女湖遠征と合算計測で13km台に乗りました。タイヤの空気圧がかなり低くなっていた(指定250kpaのところ200kpa)のを補充してでかけたので改善したのかもしれません。


関連記事
スポンサーサイト



2Comments

There are no comments yet.

vh5032

突然のお声掛けですみません

初めてのコメントで失礼致します。vh5032と申します。
ブログ記事に書いて頂き申し訳ありません。
先日は小海会場の駐車場で突然のお声掛けですみませんでした。

人生初めての天文フェスティバル!もしかしたらこの会場にも来られているのでは?と思い、駐車場から会場への移動の度に白いフォレスターを探しておりました時に、丁度!白いフォレスターのリアゲートが上がってて、見覚えのある黒とシルバーのケースを見た時に!ご迷惑をわきまえずお声掛けさせて頂きました。

昨年の秋頃に高校生以来の天体観測熱が再燃して、昨年末に念願の赤道儀を購入し、さて載せる鏡筒は?と思いを巡らせていた時に、AramisさんのFRA600レビュー記事にたどり着いた次第です。
お陰様で購入前に実機の様子が確認でき大変参考になりました。
ありがとうございました。
最後はシュミットさんへ赴き購入となりました。

皆様の高度な撮影技術には足元にも及びませんが、これからも分不相応なFRA600で、少しでも心に残る写真を撮って行けたらと思っています。

何処か撮影地でお会いできたら宜しくお願い致します。

長々と失礼致しまました。

  • 2021/11/17 (Wed) 12:49
  • REPLY
Aramis

Aramis

今回の小海が初めての天文フェスティバルだったのですね。
こういうところで直接お話しできるのは天文イベントの大きな楽しみのひとつなので、
声をかけていただきお話ができて、とてもうれしかったです。ありがとうございます。
こちらこそ歯ブラシを咥えたままで大変失礼いたしました(笑

FRA600を手に入れてから1年近くになりますが、撮影地で同じ鏡筒を見たことは今のところないです。
ブログを読んでいただけているということで、私の出没する撮影地もある程度把握されていることかと思います。
きっとどこかでお会いできると思いますのでFRA600を見かけたらこちらから声をかけさせていただきます。

  • 2021/11/18 (Thu) 00:31
  • REPLY