fc2ブログ
menu

11月12日遠征記録 再びの乙女湖 琴川ダム

乙女湖へ行ってきました。
2週間ほど前となる10月末に訪れたとき時は曇って星が見えませんでしたが、今回はよく晴れてくれました。

月没の少し前に到着し、天体撮影をささっと始めて・・・と思ったらトラブル発生。

ASIAIRに挿したUSBメモリの容量がいっぱいになっています。
「え?そんなにたくさん撮ってないけど?」と思いながらPolemaster用のPCに挿しなおして確認してみると、なぜかデスクトップPCのバックアップファイルが限界まで詰め込まれていました。デスクトップに挿しっぱなしにしたときにバックアップソフトが何かしてくれやがったのでしょう。PCで削除して事なきを得ました。
Polemasterのためだけに重いPCを持ってきていますが、この時ばかりはPCがあって本当によかったと思いましたね。SDカードの予備を持ち歩いているなら、同様にUSBメモリも予備をカバンに入れっぱなしにしておいたほうがよいかもしれません。ASIAIRのUSBポートって物理的に余裕がないので、USBメモリを選ぶのもけっこう難しかったりするのですが。

そしてもう一つはEAFがおかしな挙動をすること。
ある程度手動でフォーカスを合わせてからAFをかけてみたところ、全然ずれた場所でAFが合ったとか言いやがります。仕方ないので目視で合わせておきました。バーティノフマスクを持ってきておいてよかった。

そんなこんなで少し出遅れてしまいましたが、無事に撮影も開始できたのでいつもの「天文なう」を撮っておきます。Twitterにあげたものの現像版。
DSC05074_R_20211116230700577.jpg

こんな安定した晴れの日は星景写真も捗るというもの。
冬の天の川、淡くサラサラでよいですよね。次回広角で撮ってみよう。
202111_seq04_R.jpg

反対側を見てみると、沈んでいくアンドロメダとカシオペア。また来年。
202111_seq05_R.jpg

オリオン座が南中するのは未明の2時ごろだったでしょうか。

202111_seq07_R.jpg

薄明直前、オリオン座も西に傾く時間。
やっと横構図で撮れるようになったので車星景写真も撮っておきます。
202111_seq08_R.jpg

そして夜明け直前。空が白んでいきオリオン座も消えていきます。結局この日は雲一つ見ないままとなりました。
20211113_02_390_R.jpg

気温はマイナス3度まで冷え込んだものの、微風が絶えなかったためか湿度も70%程度で落ち着いていて、結露もなく快適な一晩を過ごすことができました。天体望遠鏡では勾玉星雲と馬頭星雲の2対象を2時間ずつ撮影することができましたが、うまく形にできるでしょうか。

このあと3時間ほど仮眠したのち、自宅と琴川ダムの中間地点まで向かい、妻が連れてきてくれたティー氏をピックアップして小海の星まつりへ赴くのでした。リアルイベントは撮影よりも人と会ってこそですからね。前日のうちに満足いくまで撮影をすることができてよかったです。





関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.