fc2ブログ
menu

2021年11月19日 食分98%の部分月食を自宅から

部分月食です。
今回の月食は月の出時点ですでに半影月食の状態となっていて(月出帯食ーげつしゅつたいしょく)、東の空低いところの月を観測する形になります。

私の自宅は南以外全部見えるというちょっと珍しい間取りのマンションで、東の空もそこそこ見えるため、バルコニーに赤道儀を設置しての撮影です。残念ながら東向きのバルコニーからは北極星が見えないため極軸は合わせません。適当に北に向けておけばなんとかなるでしょう。
ウェイトが不要なRST-135はこういう狭い場所で使う時にも恩恵を感じますね。
DSC_9183_R.jpg

17時過ぎ、向かいのマンションの屋根越しに見えてきたときには分厚い雲の向こう。かろうじて位置が判別できるかどうかという感じ。
これはダメかなーと思って仕事に戻っていたのですが、ティー氏が「お月さま見えるよ」と言い出したので外に出てみるとだいぶ雲が薄くなっている模様。ティー氏グッジョブ。朝のうちに「今日は月食が見られるよ」と言っておいたのがよかったようです。

あわてて撮影したのがこちら。
DSC03967_R.jpg
α6400+SEL70350G
F6.3 ISO100 10秒
525mm相当ですが、10秒程度の露光時間なら極軸を合わせていないポラリエUでも十分対応できるようですね。すばらしいです。

RST-135のほうも稼働させて撮影したのがこちら。雲越しで残念な感じ。
DSC04311_R.jpg
FRA600+α6300
F5.6 ISO100 5秒

その後も雲間から何度か狙ってみます。
DSC04316_R.jpg

すっかり満月に戻ったところでもう1枚。
DSC04318_R.jpg

北極星も見えない自宅のバルコニーでこれだけ楽しめれば十分でしょう。
ティー氏も双眼鏡を使って刻々と変わっていく色を楽しんでいたようで何よりです。DSC_9184_R.jpg



関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.