fc2ブログ
menu

フォレスターのスタッドレスタイヤを探していたらSTIホイールもどきが手に入った話

2021年6月に手に入れたフォレスタースポーツ(C型)。
納車からすでに半年近く経過し、早いものでスタッドレスタイヤの季節になりました。
山奥に天体写真を撮りに行くという使い方をする以上スタッドレスタイヤは必須アイテムです。

ということでタイヤを探しを始めます。フォレスタースポーツの純正タイヤサイズは225/55R18、ホイールは 18インチ PCD114.3 7J +48となっております。
DSC_9220_R.jpg
このままのタイヤサイズだとお値段もかなり高くなってしまうため、インチダウンして17インチで探します。フォレスターの他グレードでは17インチの設定があり、そのタイヤサイズは225/60R17となっております。ホイールは17インチPCD114.3 7J +48。

まずはホイール探しから。いかにもスタッドレス用のホイールです!みたいなのはイヤだったので、ヤフオクでそれっぽいのが出てこないかしばらく観察。狙いは純正同様ブラック系の色で大きなガリ傷がなくあまりお下品なデザインではないもの。
フォレスターで検索をかけるとPCD100のホイールが大量に出てきたりして探すのに苦労しましたが、じっとヤフオクを観察すること1か月。私の好みにピッタリのものが出てきました。
20211128_01.jpg

ホイール面に小傷はあるものの、リムへの目立つガリ傷はなさそうです。

20211128_02.jpg

サイズも希望通り。
幸い私以外に応札者がいなかったようで、出品者の設定したスタート価格のまま落札することができました。これはラッキーだったかもしれません。
改めて調べてみたところ共豊という会社のCreative Direction CDS2というホイールで、実際の製造元はENKEIだそうです。
20211128_04.jpg

続いてタイヤ探し。他人に聞くとだいたいブリヂストンのVRXを勧められるのですが、お値段もそれなりにお高いです。私にはオーバースペックな感じがしたので今回はヨコハマのIceGuard SUVを選んでみました。
20211128_05.jpg
以前履いていたグッドイヤーのICENAVI6でそれほど危ない思いをしたことがなかったので、IceGuard SUVでもいいかなという判断です。
タイヤホイール持ち込みとなるとディーラーにはお願いしづらい(フォレスタースポーツは17インチが適合しないことになっている)ので、前車プレマシーで長年お世話になっていた近所の整備工場にお願いすることにします。
DSC_9221_R.jpg
フォレスターには17インチタイヤ8本が載ります。
幸いPCDも間違っておらず、ホイールナットもサマータイヤのものを流用できたのであっさり換装完了。
DSC_9223_R.jpg

センターキャップがSTIになっていますが、これにも少し事情があります。
DSC_9226_R.jpg

オークションで手に入れたホイールに付属していたセンターキャップがあまり好みでなかったのでスバルロゴのを探していたのですが、形が合わないものばかり。
確実に同じ形と確認できるセンターキャップが純正STIのものしか見つからなかったため、ちょっと高いお金を払って別途購入。
20211128_06.jpg

結果ホイール1本5000円・センターキャップ1個2500円というわけのわからないお値段になりましたが、純正オプションで設定されているSTIホイールと見分けがつかない仕上がりになりました。
SG217SJ100_2.jpg
仕方なく選んだSTIセンターキャップ。ステッカーチューン的でカッコ悪いなあと思っていましたがあえて違いを指摘するなら、ダブルスポークの内側、私のホイールは若干膨らんで菱形形状になっているのに対し本物のSTIホイールはまっすぐになっているというくらいでしょうか。あとはホイール本体に小さなSTIロゴが入っているかどうかくらい。もう私のもSTIホイールってことで開き直ります。

ところでタイヤ交換をお願いした整備工場では前車プレマシーを継続して見てもらっているのですが、私の次のオーナーが車検を通したと聞きました。ブーツ類の取り換えが多かったそうですが、致命的なトラブルはなかったそうです。
次の車を手に入れるまでの繋ぎで使うということで譲ったプレマシーでしたが、13年落ちでさらにあと2年走れるようにしてもらったようです。元オーナーとしてはうれしい限りです。
202104_seq04_R.jpg




関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.