fc2ブログ
menu

12月3日遠征記録 みずがき山自然公園でレナード彗星+M3を撮る

今話題のレナード彗星(C/2021 A1)、12月上旬のこの時期、夜明け前に東の空低くに見えます。

新月期なので天気さえよければもちろん遠征に出かけるのですが、せっかくならレナード彗星の姿も収めたいところ。天体撮影ができるほど暗くて、東の空が開けている場所・・・
意外とないんですよね。関東圏だと。

ということで新規開拓。山梨県北部のみずがき山自然公園へ行ってきました。


金曜日にもかかわらず到着時は車も10台ほどはいたでしょうか。どうもここはロッククライマーが集まる場所らしく、大きなマットを背負った方が続々と駐車場へ戻ってきます。そして次々と出発していき、暗くなるころに残ったのは私ともう1台の車だけ。その1台も車中泊だったようで、結局この日の星撮りは私だけ。嬉しいけどちょっとさみしい。

天気のほうは安定して晴れそうな雰囲気。西に沈む木星を見送りながら準備開始です。
DSC00040_R.jpg

サクサクと機材を設営して撮影開始。
DSC00423_R.jpgFRA600+2600MCProでは
ガーネットスター周辺を3時間
M78周辺を3時間
オリオン星雲M42を2時間ほど。
そしてレナード彗星のM3添えを30分。
というメニューとなりました。

レナード彗星は終盤雲に覆われてしまい15分しか露光できませんでしたが、1年でいちばん夜の長い時期、誰にも邪魔されずにじっくり星空を楽しむことができました。

だって駐車場こんなだったからね↓
2021_012_seq06_R.jpg

こうなると車星景写真も捗るというもの。オリオン座が出てくる前から「SUBARUとすばるだー」とか言いながら撮影です。
2021_012_seq04_R.jpg

こちらはTwitterの#天文なう でつぶやいた画像の現像版。間抜けな顔をしているところがポイントです。
DSC00124_R_2021120823590282f.jpg

この写真の左側は芝生広場になっています。機材も安定稼働しているため星景写真もーと思ってあちこち行こうとしたのですが、いざ入ってライトで照らすと茂みの向こうから数頭の鹿の目が輝いて見えます。
2021_012_seq07_R.jpg
鹿に危害を加えられることはまずないのですが、それでも暗闇の中で野生生物に出会うというのはあまりいい気分ではありません。結局奥には入れず、駐車場からあまり離れずに撮影することにしました。誰もいなかったのにもったいないですがそれでもあれこれ撮ることはできました。

オリオン座をメインに撮ってばかりでしたが、ぎょしゃ座を中心においてみた構図。
20211203_07_140_R.jpg

車が来ないのをいいことに、路肩にカメラを置いて放置撮影。
20211203_09_015_R.jpg

そうこうしているうちにレナード彗星が山の稜線の上から出てきたので狙ってみます。


ASIAIRアプリですぐに彗星を見つけることができず焦りましたが、M3を導入してちょっと移動させればOKでした。

1分露光で15枚ほど撮ったところで曇ってきてしまいこの日は終了。
複数枚合成で彗星と星を両方止めて処理する方法がよくわからないので1枚撮りを載せておきます。
20211203_Leonard_M3_R.jpg
光学系:FRA600+レデューサー
カメラ:ASI2600MC Pro
Gain:100  Offset:50   センサー温度:-10度
露光時間:1分 x 1枚
赤道儀:RST-135
ガイド:ZWO 30mm F4ガイドスコープ+ASI120MM Mini
撮影日時:2021年12月3日 4時半ごろ
撮影地:山梨県

うん、まぁ拡大しなければ十分だよね・・・?
こういうのは質より自分の望遠鏡とカメラで捉えたことそれ自体のほうが大切。




関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.