fc2ブログ
menu

M42オリオン星雲の左下がおもしろかったので撮ってみた

先日M42オリオン星雲を撮った話をしました。


このときに「M42の南西(左下)の分子雲楽しいな?」ということに気づき、「次回はオリオン星雲をもっと右上に配置して左下の分子雲を狙ってみよう」と言いました。こうやって言うとき、たいていはやらずに放置する私ですが今回は珍しく有言実行。
20211210_M42.jpg
光学系:FRA600+レデューサー(420mm F4)
カメラ:ASI2600MC Pro(APS-Cセンサー)
Gain:0  Offset:50   センサー温度:-10度
露光時間:5分 x 42枚(210分)
赤道儀:RST-135
ガイド:SVBONY 30mm F4ガイドスコープ+ASI120MM Mini
撮影日時:2021年12月10日 23:00ごろ‐ 3:00ごろ
撮影地:長野県原村
ダーク:ライトフレームと同設定で160枚
フラット:LEDトレース台 1秒*60枚(+フラットダーク)
PixInsightでWBPP、ABE、PCC、HT、SCNR
Photoshopで仕上げ

まるでM42からドレスの裾が伸びているような表現になり、とても気に入りました。今年はM42を3回も撮ってしまいましたが、ほかの対象も含めても今回のM42が今年の一番となりました。

ピントを外したのかレデューサーのせいなのか、星のまわりにハロが出てしまったのが悔やまれるところです。このハロ、時々出てくるのが気になっていたのでフィルターを外してみたのですが改善せず。レデューサー起因らしいという話も聞いたので、次回はフィルターはもちろんレデューサーも外してみようと思います。35mm換算900mmとなるとだいぶ狭い画角になってしまいますが、これはこれで違う世界も見えてくるでしょう。

また次回の遠征が楽しみです。

この時の遠征記録はこちら



関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.