fc2ブログ
menu

NGC3628を撮ったら妻が喜んでくれた話

先日の茨城遠征では2つの対象を狙いました。前半はばら星雲、後半はしし座の三つ子銀河です。
三つ子銀河の処理が終わったのでご紹介。
20220206_LeoTriplet_ABE_PCC_SCNR_1_R.jpg

光学系:FRA600(600mm F5.6)
カメラ:ASI2600MC Pro(APS-Cセンサー)
Gain:0  Offset:50   センサー温度:-10度
露光時間:5分 x 42枚(210分)
赤道儀:RST-135
ガイド:SVBONY 30mm F4ガイドスコープ+ASI120MM Mini
撮影日時:2022年2月6日 1:00ごろ‐ 5:00ごろ
撮影地:茨城県 花立自然公園
ダーク:ライトフレームと同設定で160枚
フラット:LEDトレース台 1秒*60枚(+フラットダーク)
PixInsightでWBPP、ABE、PCC、HT、SCNR
Photoshopで仕上げ

上がNGC3628、下の左がM66、右がM65です。メシエはどうしてNGC3628に名前をつけなかったんでしょうね。形からして彗星と間違えるはずがないから、とかでしょうか。3時間半では背景宇宙のノイズを抑えきることができませんでしたが、まぁ悪くない結果でしょう。次は同じ構図で撮り増ししてみるのもよいかもしれません。

撮影地でご一緒した人にプレビューを見せたところ「なぜ横構図?」と言われました。その時は「ばら星雲を撮っていて回転させるのがめんどくさかった」などと言いましたが、実際はNGC3628のヒゲを狙っていたのですよ(後付け

実際反転させてみると、画角の端のほうまで伸びているのがわかります。
20220206_LeoTriplet_ABE_PCC_SCNR_1_RE.jpg
上にある銀河の左側に伸びているの、わかります?わかりますよね!

このヒゲは一般的にTidal Tailと言われています。Wikipediaによると銀河の潮汐力によって銀河の一部がガス状に放出される現象で、この銀河に限らずいくつか見られるそうです。NGC4038とNGC4039で衝突しているアンテナ銀河などが有名でしょうか。
NGC3628はほぼ真横から見ているエッジオン銀河なのでTidal Tailも真横から見ていることになるのでしょうか。このTailを真上から見たらどんな形に見えるのでしょう。アンテナ銀河のようにもっとはっきり見えたりするのでしょうか。私たちの天の川銀河にもこんなTidal Tailがあったりするのでしょうか。

ちょうど1年前、花立自然公園よりも少し空の暗い育樹祭記念広場で190分かけて撮影したものはこちら。
Leo_Triplet_20210223_600S_R.jpg
この時も「ヒゲが写った!」と喜んでいたのですが、このヒゲは縦構図でははみ出すほどの長さがあったことがわかります。だから横構図なんですよ。狙ったんですよ。

こちらの作品をいつものように妻に見てもらったところ、ひとことめの感想は「何これ骨みたいでおもしろい!」でした。NGC3628のことを言っています。確かに両端が広がって骨のような形に見えます。さらに銀河から延びるヒゲについて説明したところ「しっぽみたいでかわいい」とのコメント。さらに続けて「私これ気に入った。また撮ってきてね!」とまるで近所のスーパーで気に入ったお惣菜を見つけたようなノリでお願いされてしまいました。次回もがんばります。






関連記事
スポンサーサイト



6Comments

There are no comments yet.

さすらい

おはようございます。
なぜ横構図?何か意図があってですか?のさすらいです(笑
そうですよね、トレース板フラットですからその気になればばら星雲撮った後にフラット撮ってカメラ回転させますもんね。
奥様骨を相当気に入られたんですね!もう梅雨入り前までしし座トリプルを撮り続けてしっぽを抽出しちゃいますか( ´∀` )

  • 2022/02/10 (Thu) 02:20
  • REPLY

soran

うらやましい。

Araimsさん。撮影された天体写真が奥様に気に入られるとはうらやましい。
たしかにNGC3628は個性的な姿で,ハンバーガー星雲と呼ばれていると思いますが。
このネーミングは伝えられましたか?
うちのカミさんは,私の撮ったM31を,ホタテ,としか言いません。
確かに,ホタテだと思います。M31 をホタテ星雲と呼ぶ。
これをワールドワイドに広めることは可能でしょうか。

  • 2022/02/10 (Thu) 21:50
  • REPLY
Aramis

Aramis

Re: タイトルなし

来月出かけることができれば引き続き同じ対象を狙おうかとは思っていますが、
4月になってそり座ものぼってきてしまうと、このまましし座のトリプルを撮り続ける胆力が私にあるかどうか。
たぶんないです(笑

  • 2022/02/10 (Thu) 22:42
  • REPLY
Aramis

Aramis

Re: うらやましい。

ハンバーガーの別名もありましたね。それは伝えていなかったと思いますが次回言ってみようと思います。

M31をホタテとは斬新なセンスをお持ちですね。初めて聞きましたが素晴らしいセンスの持ち主だと思います。
この調子で胎児・ハートなんかも全く違うネーミングを期待しちゃいましょう。

ちなみにホタテは英語で"Scallops"と呼ぶそうですが、
試しに"Scallops galaxy"で検索したらSamsungのスマホ、Galaxy用のホタテ柄ケースばかり出てきました。
今のところ採用例はないようですのでM31=Scallops galaxy、可能性はありますね!

  • 2022/02/10 (Thu) 22:48
  • REPLY

soran

Re:うらやましい

Scalloops Galaxyで検索までしていただいて恐れ入ります。
ハッブルが距離を測定して宇宙観をあらわにしたアンドロメダ星雲をいまさらホタテとか言ったら
尊崇の念が損なわれますよね。

胎児星雲のお尻プーみたいのは赦されるとして,天体のネーミングについてはこれかも色々ありそうですね。

  • 2022/02/11 (Fri) 20:11
  • REPLY
Aramis

Aramis

Re: Re:うらやましい

名前が付けられた当時はそう見えたものでも、最新の観測結果では全く違った形になっているものもきっとあるんだと思います。

例えば三裂星雲は2022年現在のアマチュア天体写真家が撮影しても四分裂しているように見えたりします。
干潟星雲も長時間処理すると、その西にある猫の手星雲とつながっているのがわかります。
ネーミング当初からその全体像が見えていたなら、「足の裏星雲」になったかもしれないとか考えると楽しくなりますね。

  • 2022/02/13 (Sun) 22:31
  • REPLY