fc2ブログ
menu

発売から8年経ったα7sを修理してもらった

α7sを修理に出しました。

私の使っているα7sは2017年11月ごろに中古で買ったものです。こういう時ブログに記録しておくととても便利ですね。中古品なので実際に製造された時期はわかりませんが、少なくとも5年近く使っていることになります。ちなみに発売は2014年8月だったそうなので、2022年時点で発売から8年経っていることになります。



ここ数か月ほど挙動が不安定になってはいたのです。電源を入れるたびに初期設定からやり直す必要があったり、それが終わっても起動に1分以上かかったり。それでも撮影自体には支障がなかったのでどうにか使っていましたが、前回の遠征ではISOを変えるなどといったちょっとした操作でブラックアウトからの1分間かけて再起動を繰り返す状態でシャッターを切ることもできず、完全に使い物にならなくなってしまいました。

日常的に使っているわけではありませんが、ひとたび撮影に出かると一晩中タイムラプスを撮影し続けるような使い方なので、カメラにとってはシビアなコンディションだったのかもかもしれません。
製造からかなり時間も経ち、ちょっと負荷のかかる動作をするとブラックアウトするという症状から察するに、おそらく基板上の電解コンデンサの寿命なのでしょう。

修理依頼から数日して出てきた見積もり結果は下記の通り。

・メイン基板不具合による電源不良
・上カバー・シューキャップ割れ
・シュー・リアカバー変形
・前カバーのビス止め不具合
上記の部品交換代金が約4万、作業料が約2万。

一瞬高いかなとも思いましたが、基盤交換と前カバー以外の外装交換でこのお値段ならリーズナブルでしょう。むしろ基盤交換のために分解するついでに外装交換をしてもらえると思えば作業工数が節約できているとも言えます。発売から8年経った製品、今さら中古品を買ったところで同じ症状が出てくるのも時間の問題。であるなら基盤を交換してもらったほうが安心して使えるというものです。

初めて買ったフルサイズカメラという意味で思い入れがあるというのもありますが、単純な静止画に限って言えば諧調の豊かさや高感度耐性はいまだ一級品。タイムラプス撮影にいたっては1200万画素という画素数の少なさはデータのハンドリングという面ではむしろアドバンテージとも言えます。後継機の最新機種α7sIIIは40万円近いお値段でそう簡単に乗り換えることはできませんし、私にとっては不要な機能がてんこ盛り。像面位相差AF用の画素なんていらんのですよ。デカいカメラで動画をやるならまずジンバルです。


そういえばDxO Markのランキングって今どうなっているのだっけ・・・と思って見てみると、2022年6月現在、高感度性能ではトップ3に位置しています。ちなみに2位はα7III、1位はEOS R3だそうなので、2014年発売のα7sがどれだけ並外れた高感度性能を持っているか理解できるというもの。

20220611_01.jpg
*出典 DxO Mark フルサイズカメラのSportを上から順に


星喰い問題は未解決のままなのでバルブ撮影には使えませんが、露光時間30秒以内の星景写真ならばいまだ一級の性能を持つα7s。基盤交換と外装整備で税込み65000円ならば今後数年間使い続ける必要経費としてはリーズナブルと言えるでしょう。



修理代金の支払いから約1週間。α7sが修理から帰ってきてくれました。
交換対象になっていない前面パネルは使用感がありますが、キレイに掃除していただきました。
DSC03240_R.jpg

天面パネルは外装交換。印字がキレイになった一方でダイヤル類の塗装ハゲはそのまま。
DSC03243_R.jpg

リアカバーも交換してもらってキレイになりました。
DSC03242_R.jpg

・記録フォーマットをRAW+JPGに変更
・サイレントシャッター ON
・DRO LV5
・WBを太陽光に固定
・タイムラプスアプリの再インストール
・アプリの設定と動作確認

諸々の初期設定を改めて終わらせて準備完了。

この先もα7sと一緒にステキな星空をたくさん見られますように。









関連記事
スポンサーサイト



4Comments

There are no comments yet.

Ramb

愛がありますね!
今後私の7Sもこうなるかもしれないので、参考にさせていただきます。ありがとうございます。

  • 2022/06/11 (Sat) 19:21
  • REPLY
Aramis

Aramis

Re: タイトルなし

ぜひRanbさんのα7sも星空の撮影で基盤がダメになるまでしばき倒してあげてください!

  • 2022/06/11 (Sat) 22:05
  • REPLY

-

αユーザーです。
ベーシック機で星空撮影をしているため、やはりSシリーズに憧れがあります。(SⅢ欲しいなーと思うがまだ手が出ない)
このブログを読んで、次の次まで新しい機種が出ているにも関わらず、初めてのフルサイズ機を大切にしているのが十分すぎるほど伝わりました。
私も初めてのカメラを大切に大切に使おうと、改めて思いました。
ありがとうございます。

  • 2022/11/26 (Sat) 04:31
  • REPLY
Aramis

Aramis

Re: タイトルなし

もちろん初めてのフルサイズ機という感傷的な面も大いにありますが、実際α7sは高感度だけでなく低感度でもとても写りがいいと感じていて、それも手放せない理由の一つだったりします。
そのほかにものんびりなAF、あまりお上品ではないシャッター音、無駄に薄くて持ちづらいグリップ、ぜんぜん持たないバッテリー等々愛すべきポイントがたくさんあります(笑
ぜひご自身の初めてのカメラを大切にしてあげていただければと思いますが、初代α7sであればぜひ早めに中古を探すこともまたおすすめいたします。

  • 2022/11/26 (Sat) 14:14
  • REPLY