fc2ブログ
menu

西表島 ユツンの滝へ

西表島ゲータの滝に行ったので、次はユツンの滝です。
とかお気軽に言っていますが、めっちゃしんどかったです。



ゲータの滝はのんびり歩いても1時間弱で到達できますが、ユツンの滝はひたすら歩いて2時間半くらいかかります。登山的な感覚で2時間半っていうと大したことないかなって思いますが、気温30度、湿度100%的な西表島のジャングルの中を撮影機材を背負って歩くのですから侮ってはいけません。水を2L持っていきましたが、往復ですべて飲み切りました。
足元はヒルがけっこういるので肌は露出しないほうがよいです。幸い上から落ちてくるようなことはありませんでしたが、日焼けと擦り傷防止のため上半身も長袖がベター。ロープがないと上り下りできない箇所もあるので、スポーツ用の手袋があったほうがよいかもしれません。足元はフェルトシューズです。そうそう、塩タブレットを持っていきましたがとてもよかったです。塩分補給たいせつ。

もちろんツアーに申し込んでいったほうがよいです。道を知らずに行ったらまず間違いなく遭難します。そもそもひとりでの入山は許可されませんが。

それでは行ってみましょう。しばらくはジャングルの中を歩きます。
DJI_0871_R.jpg

途中こんな川を渡ったりします。
DSC05874_R_20220723095320ab4.jpg
この写真、登山道を示すピンクのリボンが写っているのに気づきましたでしょうか。こんな感じでユツンの滝までリボンは結んでありますが、普通に歩いているとそう確実に見つかるわけではありません。

こんな感じの森の中をひたすら歩きます。
DSC05879_R.jpg

途中何度か川が出てきますが、登るのではなく下っていくところがあったりするので知らなければ迷えます。いくつものポットホールがかわいい。
DJI_0872_R.jpg


こういう川を見るとついついNDフィルター使って長時間露光したくなるフォトグラファーの性。角形のND1000は持っていましたが、今回のためにねじ込みタイプのND1000を買ったのは正解でした。
DSC05936_R.jpg
手持ちのレンズのフィルター径に67mmが多いのも幸いです。SEL35F14GM、SEL20F18G、Samyang 12mm F2.0等、すべて67mm。

西表島の緑の濃さよ
DSC05933_R_2022072309532932f.jpg

写真を撮りつつ3時間ほどかけて滝到達。
DSC05925_R.jpg


DSC05913_R.jpg

さらにここから滝の上を目指します。こんなロープを使わないと登れない場所を進んでいくと・・・
DJI_0900_R.jpg

この景色よ。
DJI_0886_R.jpg

これを見るためにがんばった。
DJI_0894_R.jpg

そして頂上でパイナップルをいただきます。
てっぺーさん、このためにナイフとパイナップルを背負ってきてくれていました。ありがたや。
DJI_0898_R.jpg

帰り。
DSC05873_R.jpg

巨大な盆栽。この岩はどうやってここに乗っかったんだろう。
DSC05947_R.jpg

美しい木漏れ日。
DSC05948_R_202207230953394ef.jpg


復路を半分ほど下ったところだったでしょうか。雷が鳴り始め、ほどなくして激しいスコールが降り始めます。雨宿りをしてやり過ごそうとしたのですが、20分ほど経っても降りやむ気配がありません。これはさっさと降りたほうがよさそうということで下山再開。
疲れた体に豪雨は心身ともに削られましたが、もはやシャワーレベル。登山でかいた汗もすっきりしてしまいました。その後30分ほどで雨は止み無事に下山。

かなりしんどい行程でしたが、素晴らしい景色が見られて満足です。
連れていってくれたてっぺーさんに感謝です。ありがとうございました。

この日のカメラはα6400、レンズはSEL35F14GMとSamyang 12mm F2.0 NCS CS、このほかOsmo Actionを持っていきました。このほかフィルター類と三脚を1本と水2Lの荷物でしたが私の体力的にはこのくらいがいいところ。











関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.