fc2ブログ
menu

Vixen R200Sの行く先

先日ビクセンのR200SSを買ったという話をしました。

諸々の準備を済ませてファーストライトとなったのですが、吊るしの状態では満足いく星像にはなってくれませんでした。実写画像を添付してビクセンに問い合わせたものの仕様の範囲内という回答をいただいてしまい、光軸調整めんどくさいなーと放置していました。



その問題とは別に、RST-135にR200SSはちょっと荷が重いのでは?という感触もあったりします。RST-135にカウンターウェイトをつけてある程度バランスを取ったうえで撮影してみたのですが、ガイドの補正量がFRA600の時よりも明らかに大きいのです。
DSC03404_R.jpg
重量的にはFRA00とR200SSはどちらも7kg程度(+カメラ等)なのですが、重心位置が赤道儀の不動点からより遠くなる反射望遠鏡のほうがガイドが不安定になりやすいことは何となく想像できます。ハーモニックドライブ自体の駆動力には問題がなくても、システム全体の安定性というか剛性というか、赤道儀本体の絶対的な軽さからくる上下のアンバランスさが効いているような気がするんですよね。

定量的に評価したわけではないので「気がする」だけですが、同じ撮影地でRedCat51とFRA600をRST-135にそれぞれ載せてもFRA600のほうがガイドの補正量が大きいという現象からも、鏡筒の物理的な重さ・大きさ・重心位置の違いから追尾精度に差が出てくるというのはあながち間違ってもないのかなと思っていたりします。
DSC03314_R.jpg


DSC02868_R.jpg
スペック上20センチ反射までは載せられることになっているRST-135とはいえ物理法則には抗えないようです。

そんなこともあって「光軸調整を完璧にマスターしてR200SSを使いこなしてやる!」というモチベーションが上がらないままでした。


さて、話は変わって星沼会。実は私も会の末席に連ねさせてもらっていますが、会の主要メンバーの一人である丹羽さんがチリにリモート天文台の利用者を募集されています。

このリモート天文台については、星沼会の有志メンバーでもお金を出し合って区画を一つ借りて共同利用しようということになりまして、私もそれに参加しています。
2022年8月時点でシェアするメンバーはほぼ決まり撮影機材の選定をしているところです。鏡筒をどうしようかという話で悩んでいたのですが、私が持っているR200SSを使ってもらえばよいのでは・・・?と思いついてしまいました。
もともとR200SSを購入した当初から反射と屈折(FRA600)の両方を使ってみてどちらか一つに絞らないといけないとは思っていたところ。有志メンバーの中にはR200SSを主力鏡筒として運用している方がいらっしゃいます。私が苦労して使っても歩留まりは上がらないだろうし、R200SSに慣れている人に調整してもらったうえで日本よりもシーイングのいいチリに送って使ったほうがよい結果を生むのでは?と思った次第です。

ということで現在私のR200SSは星沼会メンバーのところに送られて調整中。近いうちにチリに送られることになりそうです。反射望遠鏡を買っただけで何もできなかった私ですが、星沼会のメンバーのおかげで有効活用できそうです。
チリで使用する機材は現地で直接買ってもらうことも可能だったりしますが、あえて日本で買って調整をして送り込むことで買った本人も調整してくれるメンバーも鏡筒への愛着がわくというもの。
チリでのR200SSの活躍が楽しみになってきました。





関連記事
スポンサーサイト



4Comments

There are no comments yet.

OOKENことおおほり

大丈夫だと思いますが

7/2に初めて浄土平お会いさせて頂いた、OOKENことおおほりけんいちです。南国からお帰りになったばかりで浄土平遠征でお疲れの中、お話頂いてありがとうございました♥️
そーなのかーさんがメンバーにいらっしゃるので、老婆心だと思いますが、最低、ドローチューブの切断だけはしないと、輝星の光条が醜く欠けるので、使いものにならないかもです😭
切断していなければ、そーなのかーさんに相談してください😆🤗
99パーセント、老婆心、余計なお世話だと思いますが、R200SSを前に使いひどかったので、心配しました😂

  • 2022/08/12 (Fri) 22:50
  • REPLY
Aramis

Aramis

Re: 大丈夫だと思いますが

アドバイスありがとうございます。
そこらへんはそーなのかーさんに見えていただきます。
ただBKP200ではドローチューブの切断までやる人が多い一方、R200SSではそこまでやっている人は多くないと思っていましたがそうでもないのですかね。R200SSは過去から少しずつ改良されてきているようなので、最新のものだとそうでもなかったりするのかも知れません。
どちらにしろだいこもん氏、そーなのかー氏の両名に主鏡副鏡の調整をしてもらったうえで実際に撮影をしてもらい、その星像を見て判断したいと思います。

  • 2022/08/13 (Sat) 22:42
  • REPLY

OOKEN

ご返信ありがとうございました

ご返信ありがとうございました😃❤️😃
だいこもんさんとそーなのかーさんに見て頂くなら問題無いですね🤗
確かに、私のR200SSの話は2年近く前の話ですので、ドローチューブの飛び出しも改善されているかもしれないです😄
チリでの撮影成果楽しみにしています😆

  • 2022/08/13 (Sat) 23:11
  • REPLY
Aramis

Aramis

Re: ご返信ありがとうございました

すでにだいこもん氏が簡易的なフラット撮影だけで光軸を改善してくださっています。
その先の調整に関してもお二人に完全におまかせなのですが、きっと完璧に調整してくださると思っています。

  • 2022/08/15 (Mon) 16:13
  • REPLY