fc2ブログ
menu

8月27日遠征記録 曇天の天城高原でヒマを持て余す

いつもであれば帰宅当日か翌日には遠征記録を書くところですが、さすがに今回は星的な意味での成果はゼロだったのでモチベーションが上がらず。
とはいえ遠征は遠征。記録としては残しておかなければいけません。

ということで8月27日に天城高原へ出かけてきました。
土曜日、月齢的にはちょうど新月の日。晴れさえすれば一晩中星見が可能な週末とあって期待が高ります。とはいえ天気のほうは望み薄。ドライブしてアウトドアで食事でもしに行くかなーというつもりで出発です。

道中で白岩の湯に立ち寄って軽く汗を流します。
DSC_0340_R.jpg

こちらの記事でご紹介しましたが、こぢんまりとしていいお風呂でした。

晴れることを見越して早めに到着してみれば、雲量は6‐7程度。とはいえ雲間からは青空も見えていたので設営開始。幸い北極星周辺の雲は晴れていたので極軸を合わせます。
20220923_01.jpg

・・・・・・その先はお察しの通り、撮影を開始しようとすると曇るという天文あるあるを発動。

まあそこはわかっていたことなので、のんびりと食事をしつつぼんやりと時間をつぶします。晴れてしまうとあれこれと忙しくしてのんびりすることもできなかったりしますが、完全に曇ってしまうとすごくヒマになります。
撮影に追われることもなく、星を眺めることもなく、本当にすることがないのでイスに座ってただぼんやりするだけ。自宅にいるとつい家事をやったりアニメを見たり愛犬をモフってみたりと動いてしまいますが、出先にいるのでそんなことももちろんできません。
灰色の雲を見るでもなく眺めながらただぼーっとするだけ。

趣味でも仕事でも家事でも何かをしなければいけないことばかりですが、星を見に行って完全に曇ってしまうと本当に何もすることがありません。そんな時間は意外と貴重だったりします。

とはいえさすがにヒマすぎたので、日付が変わるころには撤収して帰路につきましたとさ。


 
関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.