fc2ブログ
menu

四尾連湖の紅葉と星空

11月6日から7日にかけて四尾連湖へ行ってきました。紅葉を見たかったのです。
ついでに星も見られたらいいなぁということで1泊2日のキャンプをすることにしました。

四尾連湖には龍雲荘の管理するオートキャンプサイトと、水明荘の管理する非オートキャンプ・林間サイトの2か所のキャンプ場があります。「ゆるきゃん△」では水明荘のキャンプサイトがモデルになっていますが、撮影機材の多い私はオートキャンプ一択。

チェックインは14時。まだまだ余裕かと思いきや、四尾連湖は周囲を山に囲まれているため11月上旬でも16時ごろには日陰になってしまいます。急いでテントを設営して、すぐに紅葉を見に行きます。
四尾連湖は周囲1.5km程度の小さな湖で、普通に歩くだけなら15分もあれば一周できてしまいますが、写真を撮りながらだとあっという間に時間が過ぎていきます。

南西から差してくる光を捉えるべく湖の北東側へ。
いい感じに光が横から差し込んでくれました。
DSC06476_R.jpg


とはいえ太陽はすぐに稜線のすぐ上に。
DSC06490_R_20221116081420e3a.jpg

DSC06507_R.jpg

あっという間に日陰になってしまいました。
DSC06472_R_20221116082248cf2.jpg


湖の東側に位置するキャンプサイトに戻るとまだ太陽が見えていましたが、こちらも数分後には日陰に。
DSC06510_R.jpg

のんびり夕食を作って暗くなるのを待ちますが、だんだんと雲が増えてきてしまいました。
DSC06511_R_20221116081427c4b.jpg
対岸の明かりは水明荘のキャンプサイト
ゆるキャン△でもあった通り、あちらのキャンプサイトは車から荷物を降ろして手押し車またはボートで運ぶ必要があります。キャンプグッズだけならまだしも、細かい撮影機材をすべて持っていくのは無理があるので龍雲荘管理のオートキャンプサイトを選んだ次第です。

しばらく待っていたものの雲が増える一方なので22時ごろにはテントの中へ。月没は翌4時ごろということで3時半ごろにアラームをセットしておきます。起きて晴れていれば日の出までのわずかな時間で星景写真も狙えるかもしれません。

ということで予告通り3時半ごろに目が覚めて活動再開。湖畔に降りてみるとオリオン座は見えています。シャッターを切ってみると雲越はあるものの星は撮れそうな雰囲気。
DSC08563-ARW_DxO_DeepPRIME.jpg
雲越しではありますが 星空撮影をしてきました。

DSC09831_R.jpg

DSC09835_R.jpg

DSC09837_R.jpg


ベタ凪の湖面の上を、微かなモヤがころころと流れていく様は見ていて飽きません。
DSC09854_R.jpg

紅葉とオリオン。よく行く星見スポットにはモミジが植わっていることがほとんどなく、いままで撮ったことがなかったような気がします。DSC09864-2_R.jpg

今回の星空撮影で一番のお気に入りがこちら。水面のモヤと映り込んだ雲とオリオンのバランスがいい感じ。
DSC09850_R.jpg

2時間ほどであっという間に夜が明けてしまいましたが、そのまま東から差す光を狙って紅葉の撮影。
DSC09899_R_20221116082245084.jpg

DSC09882_R.jpg

夕方にしろ翌日の午前中にしろ、この光線で撮影できるのはその時だけ。せっかくのソロキャンプなのだからのんびりするつもりでいたのですが、結局昼も夜も忙しく撮影をしてしまいました。

キャンプの片づけが終わったあとはホットチャイをいただきます。
DSC_8509_R.jpg

ゆるキャン△でなでしこの姉、各務原桜が座っていた席(だと思っている)
「酒が飲みたくなるわね・・・」とは思いませんでしたが「うまい・・・」とは思いました。
DSC_8515_R.jpg
とてもおいしかったのでスパイスをいただきたかったのですが、残念ながら売り切れでした。

水明荘にはゆるキャン△関連のパネルなどもたくさん展示してありました。
DSC_8510_R.jpg


DSC_8511_R.jpg

チェックアウトギリギリの13時ごろまで長居してしまいましたが、四尾連湖の紅葉と星空を1泊2日でまとめて見ることができて満足です。




関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.