fc2ブログ
menu

nano.tracker TLを買いました

 
nano.tracker TL(公式サイト)を買いました。
詳細は公式サイトを参照してもらえればと思いますので、購入に至った経緯と開梱後の印象などを書いていこうと思います。

星空写真を撮ったことのある方はわかるかもしれませんが、撮影に出かけると基本的には徹夜になります。
そのくせいつもシャッターチャンスに恵まれるわけではなく、天気に阻まれてあえなくなんてこともざらです。
時間とお金をかけて撮影地に行っても、満足のいく星の写真が必ず撮れるわけではありません。
そんなリスクを少しでも減らし成果を持って帰るため、別のカメラで星の日周運動や雲の流れをタイムラプスで記録することがあります。

今まではサブのカメラを固定して連続撮影を行い、それをつなげてタイムラプス映像を作っていましたが、やはり動きがないと少し寂しいところ。

カメラ+広角レンズで合計2キロ程度を安定して数時間回転させられるパワーと精度
を持つ回転台として、nano.tracker TLを候補に考えていました。
ということで値段を調べるととだいたい30000円程度。
タイムラプス専用回転台としてはちょっと高いなぁと思って躊躇していたのですが、
先日の原村星まつり2016にて、サイトロンジャパンさんのブースで新品19800円で販売しているのを発見。
しかも土曜の夕方の時点でラスト1個。
ちょっと迷いましたがお買い上げとなりました。

内容物は回転台とコントローラ兼電源Box。
回転台は380グラム。こちらは見た目以上にずっしりきます。
中にメカが入っていますからね。
nanotracker01 

コントローラには電源ボタン、
北半球南半球の切り替えスイッチ、1時間4時間24時間で360度回転の速度調整ダイアル、
それを0.5倍速に切り替えるスイッチが並んでいます。
回転速度調整ダイアルには目盛りのところでのクリックストップはありません。
これは無段階変速なんだろうか。
スイッチの操作感はだいぶ軽め。正直子供向けおもちゃかというレベル。
コントローラは電池を入れない状態で実測78グラム。
軽さも相まってだいぶちゃちな印象。
ケーブルの付け根もなんか頼りないし。断線したら自分で直せるかしら。
nanotracker02

電源はコントローラー内に単三電池を3本収めるか、外部のUSB電源を使用するかです。
nanotracker04

外部電源の端子は今時USB Mini-Bです。
ケーブルは付属していませんので別途購入する必要あり。
なぜMicro USBにしなかった。
nanotracker03

結局運用にはコントローラとポータブル電源が必要となり、三脚まわりがごちゃごちゃすることは確実。一式収納するポーチが別途必要になりそうです。
でも収納しちゃうと操作ができなくなる罠。
そこらへんは使いながら改善を考えていくことにしましょう。

関連記事
スポンサーサイト



0Comments

There are no comments yet.